歯がゆいヴェゼルの異音!マウントが原因?

フィットと同じく、何度もリコールに見舞われたホンダのヴェゼル

リコール問題だけでなく、エンジンやミッションから聞こえるような異音にハラハラドキドキ。

ハイブリッドシステムとは別に、マウントから異音が発生する現象も?

スポンサードリンク

マウントと言えば、エンジンとミッションです。

今回は、ホンダ・ヴェゼルのマウント異音についてです。

耳をふさぐ女性

ヴェゼルの異音の音源はどこ?

自分の愛車から聞こえてる異音の存在ほど、歯がゆいものはありませんよね。

ブレーキを踏んだ時や、加減速時、ある特定の状況下では聞こえてくるが、なかなかその出所がわからない異音。

ホンダをはじめ、どの自動車メーカーも開発段階で異音対策に苦しみ、新モデルの発売後に浮上してきた異音問題で苦しむ・・・

そして、ディーラーなども、ユーザーから報告を受けた異音への対策で頭を悩ませ、ユーザーは日々の運転で異音にヒヤヒヤするという・・・

 

ヴェゼルを含む、どのクルマであっても異音というのは大きな悩みの種です。

特に、リコールが続いたホンダのフィットとヴェゼルですと、

 

またリコールなのか?

 

といった心配が頭に浮かびます。

異音ほど、ユーザーが不安にかられるものはないかもしれません。

一番厄介なのは、

 

どこからその異音が出ているか?

 

ですよね。

「ガガガ」だったり、「ギギギ」だったり。

発売・納車後、すぐに異音問題が見つかるワケではないですが、ある程度の距離を走ったりした段階で異音が聞こえ始めることも少なくないです。

 

で、ヴェゼルでもリコールの話題などに隠れて、

 

エンジンルームから異音

 

が聞こえる事象があるようです。

※対策済みのヴェゼルですと、もう異音は消えていることでしょう。

 

エンジンルームからの異音ともなると、

  • エンジン
  • ミッション
  • モーター

などと、多様多種の機能が集約していますし、それぞれからの正常な音も大きいです。

正常な音と異音が混ざるので、異音を解決するのは非常に手間暇がかかりますよね。

異音の対策自体にも、一筋縄では済まないところがありますし。

 

ちなみに、実際はエンジンルームからの異音であっても、リアのサスペンションなどから聞こえたと勘違いしてしまうほど、異音の発生源を特定するのは大変ですよね。



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

スポンサードリンク

異音はエンジンから?ミッションから?ヴェゼルのマウント

さて、ヴェゼルで異音問題としてメジャーなのが、

 

マウント部の異音

 

です。

マウントというと、

 

エンジンマウントミッションマウント

 

が有名ですよね。

ここで、マウントについて説明しておくと、

 

車体とエンジン・ミッションを締結している部分

 

となります。

例えば、エンジンルームの右側と左側、それぞれでエンジンとミッションを固定してします。

※運転席側から見て。

また、リアマウントといって、エンジンの後ろ側(運転席側)にも固定するためのマウントがありますよ。

 

で、こういったマウント箇所は、エンジンやミッションを締結・支持しているだけでなく、音や振動が客室に伝わらないように工夫をしておく必要がある箇所でもあります。

そのため、マウント部には、防振や制振に効果があるパーツ(ゴムなど)が必ず使われています。

最近ですと、ゴムなどの中に専用の液体が封入されるなど、マウント部に対する工夫がふんだんにされていますよ。

 

このように、異音などに強く影響する部分ですから、

 

マウントはクルマの品質

 

に大きく直結する重要パーツと言えますよね。

 

ここで、実際にヴェゼルでの異音問題の例として、YouTubeにアップされている動画がこちら。

参考動画

 

この動画の例では、ヴェゼルハイブリッドでの異音ですが、このような軋む異音が聞こえると心配になりますよね。

そして、ブレーキを作動させたときではなく、低速からの加速時にこの異音が出ている例です。

「ガコガコガコ」というような感じの異音ですよね。

加速する度にこうやって異音が聞こえると、かなり恐くなってきます。

しかも、再現率がほぼ100%のようですし。

 

でも、こうやって必ず発生してくれる異音であることは、非常にありがたいことですよ。

これだけほぼ確実に異音が聞こえてくれると、どの部位からの異音か特定しやすいですよね。

一方、異音の種類の中には発生確率が低過ぎて、検証するのが大変な時があります。

やはり、たまにしか鳴らない異音ですと、異音発生源の特定から対策後の検証など、労力も時間もたくさん掛かりますしね。



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

ところで、ヴェゼルのマウントの異音対策は?

さて、実際にヴェゼルに施された異音対策としては、

 

エンジンマウントのパーツを対策品に交換

 

する感じです。

リコール級の安全性が問題になる不具合ではないので、異音が聞こえる事象が発生したら対策品に交換という形でしょうね。

そして、マウントの交換といっても、エンジンやミッションを降ろしたりする長期入院コースではないので、安心してディーラーにヴェゼルを預けれますよ^^

エンジンやミッションといった基幹部品に大きな影響を与える不具合ではないので、リコールの時のようなミッション丸ごと新品交換のケースはありません。

 

で、上で紹介した動画でもありましたが、

 

EV走行中のヴェゼルはかなり静か

 

ですよね。

静粛性に富み、快適な車内空間であるだけに、異音がかなり目立ちやすいです。

異音さえなければ、ハイブリッド車はかなりリラックスできる車内空間ですよね。

ヴェゼルハイブリッドでも、どのハイブリッド車でも、静粛性というメリットが、異音などをより目立たせてしまう諸刃の剣と言えます。

是非、ヴェゼルで異音が聞こえたら、マウントなどの交換をホンダカーズなどでお願いしてみてください。



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

リコールも落ち着き、今後のヴェゼルに期待

基本的に、リコール問題が片付いたホンダのフィットハイブリッドとヴェゼルハイブリッド。

※ガソリン車などではリコールがちらほら出ているようですが・・・

6回目フィットリコール?ホンダのエンジンがかからない!?

 

今回のエンジンマウントからの異音など、ちょこちょこ不具合や品質問題が顔を出してはいますが、少しずつ進化していっていますよね。

あまりユーザーを巻き込むのは良くないことですが、クルマの異音問題というのはユーザーとの協力が無いと綺麗に片付けきれない節があります。

経年的な理由が原因で発生する異音だったり、仕様改善の際に新たに発生した異音にメーカーが気付けなかったり。

異音をメーカーの力だけで解決するのは難しいので、ユーザー側の我慢も大目に見といた方が良いでしょう。

 

でも、ヴェゼルですと2016年2月のマイナーチェンジでもって、

  • RS仕様
  • ホンダセンシング

の仕様が追加されました。

微々たるヴェゼルのマイナーチェンジでずっと中途半端?の記事でも書いていますが、ヴェゼルはマイナーチェンジによって乗り心地がパワーアップしています。

また、乗り心地だけでなく、走りの楽しさもアップグレードされています^^

※G・Design・Shiftや振幅感応型ダンパーなどなど。

 

どんなクルマでも、異音などの悪いニュースもあれば、嬉しいニュースもあります。

2014年&2015年と、2年連続新車販売台数がSUVでNo.1のヴェゼルですから、

 

今後の更なる進化をそっと見守ってあげたい

 

ですよね^^

ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り
ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り



スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ