大丈夫?ヴェゼルなど9車種でエンジンがかからない異音問題・・・

早めに確認したい、リコール・不具合情報。

ヴェゼルを含む、9車種で注意しておきたい「エンジンがかからない」や「異音が聞こえる」問題。

スポンサードリンク

大事な愛車ですから、早期に情報をキャッチして対策を踏んでおきたいところ。

今回は、ヴェゼル、フィット、N-BOX、N-WGN、N-ONEのエンジンや異音のリコール&不具合についてです。

スマホ操作

エンジンがかからない/停止するリコール、ヴェゼルなど9車種

TVや新聞などでクルマのリコールや不具合の情報が報道されれば、

 

わかりやすく、的確に情報をゲット

 

できます。

しかし、情報の旬が過ぎてしまうと、残念ながらそういったメディアでは、

 

過去の重大な情報を瞬時にキャッチ

 

できないものです。

 

また、インターネットでも、ホンダなどの自動車メーカーが発信してくれている大切な情報が見つけにくかったりします。

ということで、まずは、2016年5月現在にヴェゼルで確認しておくべき、ホンダの公式サイトを2つピックアップしてみました。

 

要チェックなヴェゼルのページはこちら。

エンジン関係の重要ページ(http://www.honda.co.jp/recall/150903_3630.html)

最近のマイナーチェンジ(http://www.honda.co.jp/news/2016/4160225-vezel.html)

 

です♪

上の2番目のリンクは一番新しく行われた(2016年2月)、ヴェゼルのマイナーチェンジの情報ページです。

今回のマイナーチェンジでは、RSやホンダセンシングの追加といった、たくさんのパワーアップがヴェゼルに施されているので要チェックです^^

 

で、今回は、1番目のリンクのエンジンがかからないだったり、異音が聞こえたりについてフォーカスします。

まず、当該の問題に関わってくるホンダの車種が9車種あり、車名や型番をまとめると次の通りです。

 

2015年9月3日届出のリコール

車名 型番
N-BOX DBA-JF1、DBA-JF2
N-BOX Custom DBA-JF1、DBA-JF2
N-BOX + DBA-JF1、DBA-JF2
N-BOX + Custom DBA-JF1、DBA-JF2
VEZEL(ヴェゼル) DBA-RU1、DBA-RU2、DAA-RU3、DAA-RU4
N-WGN DBA-JH1、DBA-JH2
N-WGN Custom DBA-JH1、DBA-JH2
フィット DBA-GK5、DBA-GK6
N-ONE DBA-JG1、DBA-JG2

 

ヴェゼルやフィット、Nシリーズの計9車種に該当する人は、上記のリンクからチェックしておくべきですよ。

また、対象になってくる車台番号と生産期間に関しては、上で紹介したリンクで確認できます。

 

次の小見出しで、エンジンがかからない主な不具合に関してまとめます^^

 



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

スポンサードリンク

エンジンの点火コイルが原因でかからない

さて、前の小見出しで書いたヴェゼルなどの9車種のリコール。

この不具合を放っておくと、

 

エンジンがかからない/停止

 

するという状況に陥ってしまいます。

このページでは主な原因としては2点が記されているのですが、

 

点火コイルの雑防抵抗

 

が主な原因となっています。

この雑防抵抗の主な役割としては、点火コイル内の電気ノイズを抑える効果のようです。

しかし、この雑防抵抗の構造が不適切であるがゆえに、抵抗の端末部が断線してしまい、エンジンの不調につながるようです。

そして、最悪の場合、エンジンが停止してしまう可能性があります。

 

で、ホンダカーズなどで改善してもらえるワケですが、クルマの状況によって、

  • 点火コイルを対策品に交換 ⇒ 点火プラグの新品化
  • 点火コイルのみ対策品に交換

という措置となります。



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

異音などがヴェゼルのエンジンなどで聞こえたら・・・

さて、上で紹介したヴェゼルを含む9車種でのエンジンに関する不具合とは別に、

 

異音に関する注意ポイント

 

が1つあります。

これはヴェゼルのみに関係してくる問題なのですが、

 

こちらの動画

確認動画

 

のように、エンジンルームから異音が聞こえる事象が発生することがあります。

この動画レベルの大きさの異音が聞こえれば、すぐにホンダカーズへ直行するかと思います。

 

で、この異音の主な原因としては、

 

エンジンマウント

 

である可能性が非常に高いです。

のちほど紹介するリンク先の記事でも書いていますが、

 

エンジンからの音や振動を抑制するエンジンマウント

 

です。

ヴェゼルのボディにエンジンを固定する役割だけでなく、

 

液体などを封入して、積極的に防振・防音

 

を促す仕事もまかなっています。

この異音は発生したら速攻でわかると思うのですが、念のためお気を付けください。

大事なパーツですので、この点に関してもヴェゼルユーザーは要確認ですよ。

 



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

ヴェゼルではないが、エンジンのオルタネーターの異音

ところで、エンジンルームから聞こえる異音として、

 

オルタネーターが原因であるケース

 

もちょくちょくあります。

※ヴェゼルではそういった事例は今のところないですよ。

 

まず、オルタネーターの基本的な役割としては、エンジンが車輪を駆動させているワケですが、

 

オルタネーターを介して発電

 

もしています。

クルマはガソリンなどで走るわけですが、ガソリン車もハイブリッド車も電気エネルギーが重要です。

で、エンジンにくっつく形でオルタネーターがクルマに装備されているワケですが、

 

経年劣化などとともに異音

 

が発生する部品でもあります。

オルタネーターの主な不具合としては、

  • 異音が聞こえる(状況によって様々な音)
  • エンジンがかからない/かかりにくい現象

などが挙げられます。

 

とはいっても、エンジンやオルタネーター周りの故障や不具合、異音となると、

 

いろんな部品が原因

 

となります。

例えば、

  • ブラシ
  • ベアリング
  • ベルト類
  • ICレギュレーター

などなどです。

 

現在の技術では、オルタネーターの寿命は昔に比べて長くなっています。

総走行距離10万kmを余裕でオーバーしても耐えられるくらいでしょう。

 

ただ、エンジンルームからの異音絡みで関係してくるパーツなので、オルタネーターにも気を配っておきましょう^^



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

まとめ-ヴェゼルでエンジンやマウント絡みの異音

今回は、ヴェゼルの、

  • エンジンがかからない/かかりにくい/停止する
  • 発進時などに聞こえる異音

について書いてきました。

 

主なヴェゼルの2大不具合をまとめると、

  • 点火コイル内の雑防抵抗
  • エンジンマウント

です。

エンジンの点火コイルに関しては、ヴェゼルだけでなく、フィットやNシリーズも大きく関わってきます。

 

やはり、

「エンジンがかからない」

「異音がすごく聞こえる」

となると、ヴェゼル・ユーザーとしては心苦しいですよね。

早めに、異音やリコール/不具合の情報をキャッチして安心のカーライフを送っていきたいところ。

 

ちなみに、様々な不具合情報などを閲覧できたり、提供できたりするサイトがあります。

事実関係を100%確認した情報とは言えないですが、国土交通省のページなので紹介しておきます。

リコール隠しなどをしっかり暴く役割としても期待されるサイトですよ。

クルマの不具合情報のおすすめページがこちら。

リコールや不具合情報のサイト

 

ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り
ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り



スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ