人気上昇中ヴェゼルの評価と口コミ2016年!2017年や2018年はどう?

ハイブリッドやガソリンでも知りたい、ヴェゼルの評価と口コミ。

2016年のマイナーチェンジで、ホンダセンシングとRSが話題に。

特にヴェゼルハイブリッドRSの試乗をしたい人が多いでしょう。

スポンサードリンク

そして、注目の海外向けディーゼル仕様ヴェゼルのMT車。

2017年や2018年、日本に投入?

今回は、ヴェゼルの評価や口コミです。

上昇グラフ

ヴェゼルハイブリッドの2015年までの評価

小型SUV市場で、

 

VEZEL(ヴェゼル)は2年連続販売台数1位(新車登録)

 

を獲得。

口コミも大事ですが、こういった数字化された評価が強いです。

かなりの確率で、今年2016年もVEZEL(ヴェゼル)がこのマーケットを支配するかもしれません^^

ホンダがこの市場に参戦して、旋風を巻き起こしていますよね。

そして、

 

コンパクトカーではフィットハイブリッド

小型SUVではヴェゼルハイブリッド

軽自動車ではNシリーズ

 

というように、ホンダは盤石の布陣ですよね^^

ホンダのクルマ作りが評価されている証拠でしょう。

 

特に、小型SUVというと、

  • マツダはCX-3
  • 日産はジューク

などと、各自動車メーカーが参戦してきている熱いマーケットです。

今のトレンドでは、小型SUV市場への人気が集まっていますからね。

 

で、そんな激アツな市場で王者に君臨するヴェゼルですから、評価や実際のユーザーの口コミなどがとても気になるものです。

ということで、2016年もヴェゼルは大活躍していくとは思いますが、

 

これまでのヴェゼルの評価と口コミ

 

について、今回はまとめていきたいと思います♪

 

まずは、誰もが納得できる数値的な評価として、各年度の販売台数をまとめてみますと、

 

これまでのヴェゼルの輝かしいヒストリー

年表 セールス台数 コメント
2013 21,348台 この年2013年12月にデビュー!!
2014 100,479台 国内での累計受注が10万台突破!!
2015 69,018台
  • 4月にマイナーチェンジ
  • 9月に特別仕様車追加
2016 大期待 2月にマイナーチェンジで、RSとホンダセンシング。
合計販売台数 190,845台 2016年中に累計販売台数が20万台を余裕で超える見込み♪

 

です。

2015年と2016年にマイナーチェンジを1回ずつしています。

恐らく、2017年の前半でもマイナーチェンジが来ることでしょう。

 

そして、今年2016年中に累計販売台数が20万台をあっという間に突破しますよね。

2016年4月現在、もう既に突破している可能性が高いです^^

 

特筆すべきは、2016年2月に追加された、

  • RS仕様
  • ホンダセンシングのオプション

です。

これらの追加仕様によって、ヴェゼルの人気にさらなる拍車が掛かることでしょうね♪

※次の小見出しから、RS仕様とホンダセンシングの口コミ評価について書いています。

 

また、ヴェゼルは海外では、HR-Vという名前で販売されていますよね。

そして、ディーゼル仕様やMT仕様も海外では用意されており、

 

日本への投入も願いたい

 

感じです^^

2017年のマイナーチェンジで、海外仕様が追加されたら最高ですよね!!

 



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

スポンサードリンク

マイナーチェンジが2016年にあったヴェゼルの辛口評価

というように、超熱いヴェゼルの今後の未来ではありますが、辛口的に評価したくなるところがあります。

辛口というよりは、

 

ヴェゼルRSでのMT仕様がない。。。

 

ことが残念ですよね。

 

フィット3では発表当初から、フィットRSとして6速マニュアルのモデルが販売されていました。

私の愛車もフィットRSの6MTですし、とても気に入っているんですよね。

また、フィットRSはフィット・ファンの中で、口コミや評価が高いです。

 

 

ホンダでは、タイプRなる仕様もありますが、

 

RS仕様もかなりオススメ

 

なんです。

こちらの記事もおすすめです。

タイプRなホンダ無限フィットRS6MT!低燃費でハイブリッドよりも高評価!

 

ドライブ好きでスポーツカーを選びたいが選べれないユーザーからの高評価の口コミを多く聞きます。

ただし、ヴェゼルと同じく、ジェイドRSでもマニュアル仕様は用意されていません。

オートマドライバーが多いこのご時世、市場的に小さいから投入しないのかもしれませんね。

フィットに限っては、

 

どんな人にもフィットする

 

が開発コンセプトですから、「マニュアル車にニーズがあるユーザーの需要にもフィットするように」という想いも込め、MT仕様を販売しているのかもしれません。

SUVは、スポーツ・ユーティリティ・ビークルですから、

 

ヴェゼルRSにもマニュアル仕様を用意して欲しかった・・・

 

です。

※ヴェゼルハイブリッドでは、i-DCDシステムの仕組み上、MT化は困難。

 

また、ヴェゼルハイブリッドの価格は値引きが必須!特にX以上と4WD!の記事でも書いていますが、

 

ホンダセンシングのカタログ表記がややこしい

 

です。

こういったカタログ表示の仕方が分かりにくい、という口コミも増えてくるかもしれません。

簡単に付け加えておくと、

 

ホンダセンシングの装備/非装備はオプション

 

ですので、パッケージ名に”Honda SENSING”とあっても、ノーオプションとして外すことができます。

そのため、まだホンダセンシングが信頼できない人や不要な人でも、ヴェゼルやヴェゼルハイブリッドのグレードX以上をホンダセンシング無しで購入できますよ。



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

ホンダセンシング搭載ヴェゼルの口コミ

で、安全運転支援システムとして、最新技術が詰め込まれ格好良いイメージのホンダセンシング。

 

飽くまでも、安全運転を支援

 

するワケで、自動ブレーキアシストやステアリングの自動操作、画像認識による標識の通知などが便利であるとは言えます。

私個人的にこういったシステムで喜ばしいのは、

 

不注意を指摘してくれる点

 

です。

一時停止や一方通行を教えてくれる機能は、見知らぬ土地での運転で大活躍しますし、うっかりと違反を起こしにくいですよね。

また、歩行者や周辺のクルマの接近を通知してくれるセンサーなどなど。

 

将来的に、完全自動運転車で溢れ返るとは思いますが、今は「人間が運転するの?機械が操作するの?」といった感じで、半分人間・半分機械の「半妖」のようなイメージです。

システム側が必要と判断すると、自動で運転に介入してきます。

運転の責任の所在があいまいになっていきそうですよね。

特に、自動ブレーキやハンドル操作には、まだまだ恐い部分が多いです。

 

なので、人や自転車、他車、標識といった通知機能までで留めて置いて欲しい感はあります。

または、Wi-Fiなどによる車々間通信で、接近車を通知してくれるなど。

ホンダセンシングであり、センシングは観測という意味合いですし。

 

機械の運転介入には、まだまだ消極的な人が多いですよね。



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

ヴェゼル4WDの口コミ・評価

ところで、ヴェゼルのSUV車と言えば、

 

4WDのイメージ

 

ですよね。

そして、ヴェゼルでも4WDを装備可能なのですが、

 

RSグレードのみ装備不可能

 

です。

これはかなり意外ではありますが、RS仕様の時点でかなり価格が高くなってしまいますし、4WDを付けると20万円くらい上乗せされます。

なので、価格帯的にヴェゼルのカテゴリーでは難しいと、ホンダが判断したのかもしれませんね。

 

で、ヴェゼル・ヴェゼルハイブリッドの、

  • ベース
  • X
  • Z

のグレードにて装備可能な4WDですが、

 

リアルタイムAWD<インテリジェント・コントロール・システム>

 

という名前のようです。

フィットなどで装備できる4WDとは異なり、

 

前輪と後輪のトルク配分をシーンに応じて調整

 

されるようです。

滑りやすい路面や悪路など、4WDがあれば安心感が増すという口コミが多いですが、適切なトルク配分にしてくれるのは更に評価できますよね。

 

実際に、ヴェゼルの4WDでは、

  • 発進や加速
  • 登坂
  • 雪・泥道

での力強くて、賢い前後輪のパワー配分に対する口コミは折り紙付きです。

 

さらに、こういった実用的な機能面も強いヴェゼルの4WDですが、

 

コーナリングでの爽快感UP

 

というメリットもあるのです。

「コーナーへの進入時から脱出時まで、トルクをフロントとリアで上手く配分し、ドライバーがコーナリングしやすい」という評価が高いです。

フィットなどの4WD機能と比べて、楽しい新感覚があるという口コミも少なくないですよ^^

 

ところで、4WDやAWDと言えば、NSXやレジェンドのSH-AWDがホンダの最新技術ですよね。

最近話題の4WD技術は、ドライビングの面白さをガッツリとパワーアップさせてくれます。

トヨタの新型プリウスで搭載されている4WD技術、E-Fourでもそうですよね^^

 



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

2017年?2018年?にヴェゼルディーゼルMTをホンダが投入?

さて、少し古めの情報ではありますが、2015年のスイス・ジュネーブ・モーターショーにて、

 

欧州向けのヴェゼル、その名もHR-V

 

が発表されましたよね。

※しかも、市販モデルです^^

 

ヴェゼルが日本名であり、海外ではHR-Vというネーミングが採用されています。

で、この海外仕様のヴェゼルというのが、

 

日本ユーザーからすると、羨ましい。。。

 

のです。

 

特に、欧州向けのヴェゼル(HR-V)

 

なぜかと言うと、

  • ガソリンエンジンだけでなく、ディーゼルエンジンもある
  • 6速MTで運転が存分に楽しめる(CVTもある)

だからです。

※ディーゼルに関してはVWの不正問題が凄いですが、ホンダやマツダは信頼して大丈夫だと思います^^

 

やっぱり、6速MTの存在が大きいです。

また、ホンダのガソリンエンジンではi-VTECがよく使われたりしますが、ディーゼルではi-DTECなのですよ^^

欧州などの向こうでは、まだまだMT車への評価が高く、ヴェゼルの良い口コミが広まっていることでしょうね。

 

いやぁ、2017年や2018年のヴェゼルのマイナーチェンジで、

 

欧州仕様のヴェゼル(HR-V)が日本へも投入

 

となったら嬉しい限りです^^

恐らく、今年2016年の新車登録販売台数No.1(SUV市場で)で3年連続の快挙を記録するでしょうし、ホンダにはヴェゼルへのご褒美として、

 

6速MTやディーゼルのヴェゼルを販売

 

してもらいたいものです^^

ヴェゼルは数字的にも、口コミ的にも、評価がこれだけ高いSUV車ですしね。



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

まとめ-2016年のヴェゼルの評価

今回は、

  • 2016年2月ヴェゼルマイナーチェンジの評価と口コミ
  • 期待される2017年や2018年のヴェゼルのマイナーチェンジ

について書いてきました。

 

客観的にみた評価でも、口コミでも優秀なヴェゼルです。

新たに追加されたRS仕様や、ホンダセンシングのオプションに対して、満足できないユーザーも少なくないですが、

 

2016~2018年も大きく期待

 

できるヴェゼルと言えるでしょう^^

ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り
ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り



スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ