SUV版フィットのVEZEL(ヴェゼル)!ホンダは日本のディーゼル無関心?

フィットの兄弟車種として登場したホンダのVEZEL(ヴェゼル)。

SUV版フィットと表現されることが多いです。

日本ではハイブリッド仕様とガソリン仕様のフィットとヴェゼルですが、海外ではディーゼル仕様も?

スポンサードリンク

ディーゼルではマツダが元気ですが、ホンダは?

今回は、フィットベースのSUV、VEZEL(ヴェゼル)についてです。

VEZEL(ヴェゼル)-SUV版フィット

小型SUV市場で大活躍中のVEZEL(ヴェゼル)。

その人気さゆえに、2015年度の新車登録販売台数では堂々の1位をゲットしています。

しかも、新たなRS仕様の追加や、ホンダセンシング搭載などの追い風も吹いている状態ですよ^^

VEZELは、

 

多面的な輝きや魅力といったコンセプト

 

でホンダが開発した、フィットベースの小型SUV車です。

特に、フロントマスクのデザインがフィットと似ていますよね。

フィットと同じくヘッドライトとフロントグリルが流れるように繋がっているデザインは、ソリッド・ウィング・フェイスというコンセプトです。

ヴェゼルだけでなく、グレイスやシャトル、ジェイドでも、そのラインのデザインが採用されていますよね。

こういった統一性のあるデザインによって、初見のモデルであったとしても、ホンダ車であることがすぐに予想できちゃいます。

 

そして、VEZELのボディ曲面を見るとわかるように、宝石のカッティング面な印象を醸し出しています。

 

キラキラと輝くような美しさ

 

はVEZELのエクステリアだけでなく、内装デザインにも施されています。

高級車のカテゴリーとは言えないですが、ハイグレード車のようなイメージが伝わってきますよね。

フィットはどんなユーザーにもフィットするような万人向けの開発方針ですが、VEZELはSUVとしての力強さと美麗さがウリですよね。

 

また、ヴェゼルの海外展開としては、アメリカや欧州、アジア圏の方面へ、

 

HR-V

 

という名前で展開されています。

ところで、このHR-Vの略はご存知ですか?

 

Hi-rider Revolutionary – Vehicle

 

の略でHR-Vなのです^^

 

ちなみに、フィットは海外ではJAZZ(ジャズ)として売り出されていますよね。



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

スポンサードリンク

フィットベースのSUV!ハイブリッドや燃費・価格、サイズは?

さて、SUV版フィットのVEZEL(ヴェゼル)ということで、ハイブリッドシステムはフィットハイブリッドと同じくi-DCDですよね。

ただし、つい先日も、フィットとVEZELで合計16万台以上のリコールがホンダから発表されましたが、今回はハイブリッドではなくガソリン仕様です。

 

そんな良い面も悪い面もシンクロしている2つのクルマですが、価格やサイズを比較してみようと思います。

 

フィットとVEZELの比較

フィット VEZEL(ヴェゼル)
全長[m] 3.955 4.295~4.305
全幅[m] 1.695 1,770~1.790
車高[m] 1.525~1.550 1.605
価格 1,299,800円~ 1920,000円~
燃費[km/L] 19.0~36.4 19.0~27.0

 

小型SUVとは言え、ヴェゼルはフィットのボディを全体的に膨らましたような感じですよね。

いろいろと高級感のある内装などが施されているともあり、最低価格的にもヴェゼルの方が60万円ほど高いです。

そして、ヴェゼルRSとなると、全長と全幅が他のグレードよりも大きくなります(車高は同じ)。

 

一方、燃費面についてですが、フィットと比べるとけっこう分が悪いですよね。

ヴェゼルの最高カタログ燃費が27.0km/Lですが、つい最近に登場したオデッセイハイブリッドでは26.0km/Lという凄まじいスペックが叩き出されています。

オデッセイハイブリッドのシステムはi-MMDであり、アコードハイブリッドでも30.0km/Lという低燃費を実現しています。

時期新型フィット4ではi-DCDではなく、i-MMDと言われていますが、ヴェゼルのハイブリッドもi-MMDとなって欲しいですよね。

アコードハイブリッドでは大きなリコールもなく、進化したオデッセイハイブリッドでもリコール問題は起きてませんしね^^

性能面も品質面もバッチリなi-MMDが、フィットやヴェゼルの次のフルモデルチェンジで期待されます♪



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

ホンダは欧州やインドでディーゼルに注力?

ところで、リコールなどの品質の心配はありますが、販売が好調なヴェゼルは、海外ではディーゼル仕様も販売されていますよね。

例えば、インドではフィットのディーゼル仕様が発表されていたり、欧州ではヴェゼルのディーゼル車が出ています。

 

具体的に、欧州でのヴェゼル(HR-V)は、

  • 1.5リッター直列4気筒のガソリンエンジン(直噴で最高出力130ps)
  • 1.6リッター直列4気筒のターボディーゼル(最高出力120ps)

がラインナップされています。

ヴェゼルのディーゼル仕様は、ガソリン仕様よりも加速性能が高いみたいですよ^^

 

そして、欧州でのミッションの仕様としては、6MTとCVTです^^

日本ではフィット13GパッケージとフィットRSではマニュアル仕様がありますが、ヴェゼルはMT仕様がありません。

でも、向こうでは嬉しい6MTが存在するんですよね。

こちらでも、ヴェゼルの6MT仕様をRSパッケージなどで販売して欲しいです。

 

ちなみに、欧州ではCVT車も売れていますが、MT車に対するファンが多いんです。

欧州人の気質的に、ダイレクト感のあるMTやステップATが好まれるようです。

それに加えて、向こうではディーゼル車がとても人気ですよね^^

 

ただ、残念ながら、VWのディーゼル試験不正が気がかりですよね。

ディーゼル分野では、マツダが日本勢で頑張っていますが、欧州だとVWがかなり力を入れてました。

信頼が落ちかけている隙に、マツダや日本が欧州のディーゼル市場で活躍して欲しいところです^^



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

マツダのクリーンディーゼルの凄さ

VWのディーゼル不正問題で湧くディーゼルですが、ここでマツダのディーゼルの技術の凄さについてですが、

 

気持ちいいエンジン音

 

が素晴らしいですよね。

従来までは、特有のガラガラ音がディーゼルの技術者を苦しませていましたが、

 

マツダのナチュラル・サウンド・スムーザー

 

によって心地よいディーゼルエンジン音となっています。

人馬一体を目標に据えて、マツダが追求する”走る歓び”は秀逸ですよね^^

ガラガラというノック音を発生源から断ってしまうというアプローチによって、マツダのディーゼルは快適なエンジン音を実現しています。

 

昔だと、遮音材などを使ってこういったノイズが車内空間を害さないようにしていました。

マツダの手法だと、遮音材も減らせて燃費にもプラスですよね^^



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

フィットやVEZELのディーゼル、ホンダ日本投入する?

今回は、話題豊富なディーゼルや、SUV版フィットであるVEZELについて書いてきました。

やはり、フィットやVEZELのディーゼル仕様が世界に存在している以上、日本への投入を期待してしまいます。

インドでは、フィットのディーゼルが販売されているようですしね。

 

しかし、ホンダはディーゼルの日本投入に関してはあまり乗り気ではないようです。

それよりも、ダウンサイジングターボの日本投入が濃厚ですよね。

ダウンサイジングターボについてはコチラの記事がおすすめです⇒

ホンダのダウンサイジングターボ!次期新型フィット4で?マイナーチェンジで?

 

ちなみに、ガソリン仕様ではi-VTECがありますが、ディーゼルではi-DTECとなります^^

ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り
ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り



スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ