確認すべきヴェゼルの運転席の高さ!ホンダの新しいSUV!

「クーペ+SUV」で誕生したヴェゼル

SUVには見晴らしの良い運転席の高さが必須。

同時に、乗り降りのしやすさや、運転席の広さや便利さも重要。

スポンサードリンク

基本的にホンダのクルマは高さが低め。

そんなヴェゼルですが、フィットをベースに開発され、ホンダのSUVへの新たな挑戦でもあります。

今回はヴェゼルの運転席にフォーカスします。

ネコの見晴らし

ヴェゼルのSUV+クーペがもたらす運転席への影響

クルマの大きな魅力の1つとして、

 

愛車を操る歓び

 

なるものがあります。

ホンダのヴェゼルを例に挙げますと、RS仕様の追加を皮切りに、G・Design Shiftや可変ステアリングギアレシオといった、運転のFUNを追求したクルマ作りを頑張っていますよね。

※G・Design Shiftや可変ステアリングギアレシオに関してはこちらから。

微々たるヴェゼルのマイナーチェンジでずっと中途半端?

※ヴェゼルRSに関するおすすめ記事はこちらから。

妥当価格?ヴェゼルRS仕様の値引きでホンダと交渉!

 

また、看板車種であるフィットでは、フィットRSの6速MTという嬉しいトランスミッション、フィットハイブリッドのi-DCDで燃費&走りのFUNの両立、に力が込められています。

で、いろいろとクルマには求められるポイントがありますが、

 

運転席周りの出来栄え

 

って重要ですよね。

ホンダ以外にも、特に最近のマツダですと、

 

“Be a driver”

 

というメッセージをCMでたくさん流していますよね。

「人馬一体」や「走る歓び」をマツダ車を通して、ユーザーにお届けしようとする気概の高さがとても伝わってきます。

それは、マツダのクルマ作りにも表れていて、

 

ドライバーを中心にしたクルマ作り

 

を徹底しています。

それは、例えば、運転席の

  • ポジション(高さや奥行きetc)
  • ペダルの位置
  • シートの形状

などなどが挙げられます。

 

このように、運転席のクォリティーの高さがそのクルマでの、

  • ドライブの楽しさ
  • 運転のしやすさ
  • 安全運転

に直結しています。

 

で、ヴェゼルに話を戻しますと、ホンダは、

 

小さなSUV、且つ、クーペとSUVを融合したクルマ

 

を目指して作りました。

ここで、

  • 小さなSUVで車体の高さが低め ⇒ 乗り降りしやすいSUV?
  • クーペの要素を取り込んだSUV ⇒ 運転席が狭い?

といったイメージが湧きます。

 

ということで、今回は、ヴェゼルの運転席の、

  • 運転席の高さ、広さ、その他周りの質
  • 乗り降りのしやすさ

あたりについて書いていきます♪



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

スポンサードリンク

乗り降りしやすい高さ?ヴェゼルの運転席

さて、まずは、ヴェゼルの乗り降りについてです。

単刀直入に言うと、ヴェゼルの運転席や助手席、リアシートと、

 

小柄なユーザーでも乗り降りがラク

 

という口コミをよく聞きます。

基本的にSUVですと、乗員スペースの高さがあり、乗りにくいようなイメージがありますが、

 

ヴェゼルは小型SUV

 

ということもあって、乗り降りがしやすいです。

これを狙って小型SUVで新型モデルをホンダが作ったのだと思いますよね。

 

で、ヴェゼルの最低地上高についてですが、

  • FFだと0.185 m
  • 4WDだと0.170 m

となっています。

 

一方、フィットでは、

  • FFでは、0.135 m
  • 4WDでは、0.150 m

という具合です。

 

さすがにフィットと比べると、乗室の高さがありますが、

 

乗り降りのしやすさにこだわるホンダ

 

ですからね^^

 

また、荷室への荷物の積み込みのしやすさも、ヴェゼルは、

 

開口部の地上高が65 cm

 

とスムーズに荷物を積めこめるようになっています♪

それと同時に、ヴェゼルは変形しやすいリアシートで、荷室を自由自在にセッティングできるのも大きな強みですよ^^

この点に関しては、フィット譲りのストロング・ポイントですよね。



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

ゆったりした広さのヴェゼルの運転席はジャズブラウン

ところで、ヴェゼルのウリの1つと言えば、

 

内装の質感が素敵

 

なことですよね^^

上質感あふれる出来栄えで、宝石の輝きをイメージして開発されたヴェゼルだけはあります。

 

で、色がもたらすイメージがとても大事だと思うんですよね。

同じインテリアのデザインであっても、カラーによって、

 

感じる空間の広さ

 

がけっこう変わってきます。

 

ヴェゼルの運転席・助手席やリアシートは、けっこう広さがある方だと思います。

小型SUVとは言え、SUVはSUVですので車内空間が広めです。

 

そして、ヴェゼルでよりゆったり広々とした車内空間を感じるには、

 

ジャズブラウン・カラーのオプション

 

がおすすめです^^

運転席のパネルやセンターコンソール、ドアパネルがブラウン色ですと、

 

落ち着きと開放感

 

があって、広さがかなりあるような錯覚に陥りますよ。

特に、運転席でのリラックスできる広さ感覚が一押しです。

ちなみに、ジャズブラウンに次いでおすすめの内装カラーは、

 

ブラックレザーのブラック×アイボリーのタイプ

 

です。

こちらですと、黒のシートや内装を基調としつつ、運転席や助手席、ドアのパネルが白色です。

白黒のインテリアはかなり落ち着きがありますよ^^

 

ただし、ここで紹介した「ジャズブラウン」と「ブラックレザー<ブラック×アイボリー>」を装備できるヴェゼルのグレードは、

 

HYBRID Zのみ

 

なんですよね・・・

HYBRID Zは、ヴェゼルハイブリッドの中でRS仕様に次いで2番目に高級なグレードです。

さすがに質の高い内装を選ぶとなると、上級グレードになってしまいますよね。



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

充実した運転席周りのヴェゼル

ジャズブラウンやブラックレザー(ブラック×アイボリー)の内装色がおすすめのヴェゼルですが、

 

インパネ周りのデザインも素敵

 

ですよ。

特に、運転席と助手席の間のセンターコンソール。

何でも、デザインのコンセプトとしては、

 

ハイヒール

 

なんだとか^^

未来感と上質さを兼ね備えた、デザインになっています♪

 

使い勝手の面も、

  • USBポート×2
  • HDMIポート×1
  • アクセサリーソケット×1

とインターフェースも豊富です。

※ただし、Hondaインターナビ(MOP)の場合。

 

ヴェゼルは、機能性と美しさを兼ね備えた運転席に仕上がっていると思います♪



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

見晴らしも良さげなヴェゼルの高さ

最後に、SUVとして欠かせないのが、

 

運転席の高さ

 

です。

ドライバーの気持ちからすると、

 

運転席が高い方が運転しやすい

 

ですよね。

ドライブ中に周囲を見降ろせるような視点は、安全運転にはプラスに働きますし、

 

何よりドライブの景色が素敵♪

 

になります。

助手席に座っている人も、景色の眺めをすごく楽しめるのではないでしょうか^^

ヴェゼルですと、小型SUVではありますが、

 

爽快感のある高さ

 

に仕上がっていると思います♪

これは、フィットやシャトルにはないヴェゼル特有の強みですよね。

それに加えて、乗り降りのしやすい高さにチューニングされていますし、ヴェゼルの運転席や助手席、リアシートに乗り込むのはとてもスムーズ。

 

これが小型SUVならではのメリットですし、

 

小型SUVの市場が激アツ

 

な理由でしょうね。

そんな小型SUVとしてあるべき姿をしっかりと具現化しつつ、

  • タイプRSの運転する歓び
  • ハイブリッドによる超低燃費(ヴェゼルはSUVの中でもダントツ)
  • ホンダセンシング

といった良さがあるからこそ、ヴェゼルがこれほどの人気を保っているのでしょうね^^

ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り
ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り



スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ