現SUV王者ホンダヴェゼルでエエトコ取りな売れ筋グレードは?

クルマ選びの後はグレード選び。

オプションも悩みだすと、キリがなくなりますよね。

SUVとなれば、ホンダのヴェゼルが一押しです。

近年のSUV販売台数でNo.1を取り続けていますし、マイナーチェンジでさらに進化しています。

スポンサードリンク

でも、売れ筋グレードだらけで迷ってしまうところ。

今回は、ヴェゼルの売れ筋グレードについてです。

選択

個人的にRS仕様がヴェゼルのおすすめ売れ筋グレード

まず私自信の愛車は、

 

フィットRS

 

です^^

しかも、6速MTの仕様を選びましたので、かなりドライブが楽しく、毎日ワイワイと乗り回させてもらっています♪

自分自身の性格的には、バリバリのスポーツカーに乗るのは性に合わず、

 

「スポーツカーらしくはないけどスポーティーで便利なクルマに乗りたいっ!!」

 

という気持ちがあってフィットRSの6MTを選んだ次第です^^

※スポーツカーを所有するのは好きじゃないですが、眺めたり、横に乗せてもらったりするのは大好きです。

 

軽快なマニュアル操作で運転できて、5人も乗せれて、荷物の積みやすさが最強なフィットRSですよ。

私は、ホンダのタイプRSが好き過ぎてたまらないのです(笑)

 

ということもあって、私個人的にヴェゼルの売れ筋グレードであって欲しいのは、

 

RSのグレード

 

です。

価格的にはヴェゼルの中で一番高級なグレードになってしまうのですが、フィットRSと同じく凄くおすすめですよ^^

ただし、ヴェゼルRSには、

 

マニュアル仕様はございません

 

ので悪しからず。

ヴェゼルRSもヴェゼルハイブリッドRSも完全にオートマです。

でも、パドルシフトがあるので、それでご勘弁を。

ちなみに、

  • ヴェゼルハイブリッドならば、どのグレードでもパドルシフト有り。
  • ガソリン仕様のヴェゼルでは、RSグレードだけがパドルシフト有り。

となっています。

 

さらに、ヴェゼル/ヴェゼルハイブリッドのRS仕様であれば、

 

ホンダセンシングが標準装備

 

となっています。

なので、「走りの楽しさ+高度な安全運転支援システム」というワケです。

※これまで通り、ホンダセンシングを装備しない仕様もちゃんと用意されていますよ。

 

2016年のヴェゼルの売れ筋グレードはRSで決まりっ!!

 

と予想してみます^^

※RS仕様は、2016年の2月のマイナーチェンジで追加されたばかりです。

 



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

スポンサードリンク

売れ筋グレードを左右するヴェゼルでの人気色

さて、1つ前の小見出しではホンダのRSタイプについて、とりわけヴェゼルRSやフィットRSについて触れました。

フィットRSでは歴代的に、フィットRS専用色なるボディカラーが用意されています。

 

サンセットオレンジⅡ

 

ですよね^^

サンセットオレンジⅡの由来についてはこちらの記事で♪

タイプRなホンダ無限フィットRS6MT!低燃費でハイブリッドよりも高評価!

 

このサンセットオレンジⅡですが、フィットではRSグレードのみでしか選べないカラーとなっています。

ちなみに、私も愛車のフィットRSの色を選ぶときに、このサンセットオレンジⅡにするか、ブラックにするかで迷いまくりました(笑)

フィット3で選択可能なカラーリストはこちら。

ホンダフィット3のボディ色リスト

 

このように、RS仕様では専用カラーが用意されたりするのですが、

 

ヴェゼルRSやヴェゼルハイブリッドRSでは、専用カラーはありません・・・

 

という意外な状況です。

で、ヴェゼルではマイナーチェンジが2016年の2月に行われたワケですが、

  • プレミアムクリスタルレッド・メタリック
  • シナモンブロンズ・メタリック
  • ルナシルバー・メタリック

が新たに追加されたニューカラーです^^

 

と、カラー名を列挙されてもどんな色かわかりませんよね?

そういうことなので、カラーサンプルがこちらです^^

 

サンプルカラー「ヴェゼルの新ボディカラー」

プレミアムクリスタルレッド・メタリック プレミアムクリスタルレッド・メタリック
シナモンブロンズ・メタリック シナモンブロンズ・メタリック
ルナシルバー・メタリック ルナシルバー・メタリック

 

ここで付け加えておきますと、シナモンブロンズ・メタリックとルナシルバー・メタリックの新たな2色は、

 

RS仕様以外、すべてのグレードに用意

 

となっています。

つまり、ヴェゼルRSやヴェゼルハイブリッドRSでは、これらの2色のボディカラーは選べません。

 

ただ、嬉しいことにかなりの人気色であるプレミアムクリスタルレッド・メタリックに関しては、RSのグレードでも選択できますよ^^

RSやHYBRID RSはヴェゼル好きの売れ筋グレードになるでしょうし、プレミアムクリスタルレッド・メタリックのような情熱的な赤とマッチしていますよね。

 

ここで、せっかくなので、ヴェゼルの残りのボディカラーのリストをまとめておきます♪

 

サンプルカラー「ヴェゼルのボディカラー」

クリスタルブラック・パール クリスタルブラック・パール
ホワイトオーキッド・パール ホワイトオーキッド・パール
モルフォブルー・パール モルフォブルー・パール
ルーセブラック・メタリック ルーセブラック・メタリック
ミスティグリーン・パール ミスティグリーン・パール

 

やはり、黒や白がヴェゼルにとって一番似合う色かもしれませんね。

私の周りでは、白色が人気色です^^



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

内装が決め手?ヴェゼルの売れ筋グレード

売れ筋グレードの決め手となる要素としては、

  • 装備の充実度
  • 価格
  • 駆動方式(ガソリン or ハイブリッド)
  • エクステリアカラー

が挙げられますが、

 

ヴェゼルで忘れてはならない内装のクオリティー

 

がありますよね。

ヴェゼルは外観のデザインが美しいですが、インテリアの質感や形状にも美しさが意識されているんですよね^^

 

で、やはり、ヴェゼルで売れ筋なのはガソリン車よりもハイブリッド車です。

中古車として出回っているのも、ヴェゼルハイブリッドの方が断然多いです。

そして、ヴェゼルの内装で一番おすすめなのが、

  • ジャズブラウン・・・黒とブラウンの内装色
  • ブラックレザー(ブラック×アイボリー)・・・黒とホワイトの内装色

です。

大半のクルマの内装では、黒一辺倒が多いですが、

 

やはり、「黒とブラウンのコントラスト」や「黒とホワイトのコントラスト」

 

が乗っている人の心に平穏をもたらしてくれます♪

高級さが感じられるヴェゼルの内装ですし、落ち着きの感じられる内装カラーとの融合がバッチリですよ。

ただし、上で紹介した2つのインテリアカラーは、

 

ヴェゼルハイブリッドZのグレードのみ

 

でしか選べません。

※正式には、HYBRID Zです。

 

また、このグレードだと価格帯が上がってしまいます。

その代わり、ユーザーの心を満たしてくれる売れ筋グレードですよ^^

 



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

装備面が理由でベースは売れ筋グレードにはなれない?

一方で、一番価格が安いベースグレードのヴェゼル。

装備の充実性も最低限のものであり、ガソリン仕様のヴェゼルも、ハイブリッド仕様のヴェゼルもスチールホイールが標準装備ですし・・・

 

ベースグレードですと、なかなか売れ筋グレードにはなりにくいですよね。

GやHYBRIDのグレードでは、ホンダセンシングのオプションも無いです。

リーズナブルな価格で、SUV王者のヴェゼルに乗りたい人向けかもしれません。

 

もしくは、燃費性能はベースグレードが一番優秀ですし、価格が安い分、購入後に無限カスタムやModuloカスタムで固めるのに投資するのもアリですよね。

ホンダヴェゼルでの売れ筋グレードまとめ

今回は、ヴェゼルの売れ筋グレードということで書いてきましたが、

  • ZやHYBRID Z
  • RSやHYBRID RS

のグレードが今年の売れ筋グレードとなると予想しています。

 

これらのグレードは価格が高いですが、内装オプションやその他ユーティリティ装備が充実しています。

で、ZのグレードやRSのグレードでは、カタログにホンダセンシングが標準装備と書いてありますが、この装備があると値段がけっこう跳ね上がります。

でも、マイナーチェンジ以前と同じように、ホンダセンシングを装備しない仕様もこれらのグレードには用意されています。

なので、ホンダセンシングを絶対装備しないといけないワケではないので、ホンダセンシングをオプションから外してカタログ価格より安くヴェゼルを購入するのもアリでしょうね^^

ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り
ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り



スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ