SUVキング・ヴェゼルのスペックってどうなの?

なぜ、ヴェゼルがSUV市場でNo.1の実績を残しているのか?

確かに、ハイブリッド仕様でもガソリン仕様でも、素晴らしいスペックを誇るヴェゼル。

スポンサードリンク

しかし、クルマのスペックとして人気を得ているのか、それとも別のファクターか?

ホンダは流行作りが上手いですが、そのホンダマジックが理由?

今回は、ヴェゼルのスペックを丸裸に!

ライオン

最強のSUVとは?ヴェゼルが一番のお手本?

【注意】ヴェゼルのお得な買取・下取りについてはこちらの記事をお読み下さい。

>> ヴェゼルの買取相場と査定情報

 

百獣の王様と言えば、ライオン。

では、SUVの王様と言えば、

 

今はホンダのヴェゼル

 

と言っても過言はないでしょう。

 

SUV市場で2014~2015年の2年連続新車販売台数一位の実績を残していること。

クラストップの燃費性能。

フィットから継承された荷室の最強の広さ&便利さ。

外装も内装も上質感あふれる美しいデザイン。

そして、購入価格の面でも一般層の手が届くクルマであること。

 

SUVキングと呼んでも、過言はありません^^

 

ここまでベタ褒めすると、

 

ホンダに対して贔屓目過ぎでしょっ!!

 

とツッコミを入れられそうですが(笑)

でも、確かにヴェゼルは、今のSUVのカテゴリーの中で一番良いクルマではないでしょうか?

販売実績やスペックという数字の面でも勝ち、デザイン面や使いやすさといった面でも勝ち。

 

まさに、現代人がSUVに求めているモノをバランスよく高次元で確立したのが、ヴェゼルと言えます^^

フィットに次いでリコールで苦しんだクルマではありますが、それ以外を除けば納得のいくクルマだと思います。

※ちょこちょこ問題があるようではありますが・・・

歯がゆいヴェゼルの異音!マウントが原因?

大丈夫?ヴェゼルなど9車種でエンジンがかからない異音問題・・・

 

で、SUVに求められるモノって、何なんでしょうか?

私なりに考えてまとめてみますと、

  • 美麗なデザイン
  • 乗り心地
  • 荷室のクオリティー
  • 4WD性能
  • 力強さや頼り甲斐のある風格
  • 低燃費さ

だと思います。

 

特に、最初の方に挙げた、デザイン、乗り心地、荷室といった要素が今のSUV車に求められていますよね。

このあたりのファクターは、エクストレイルやCX-5などの他の人気ライバル車にも共通して見られる部分です。

強いて言うなれば、

 

フロントマスクや、クーペチックな流れるようなライン、走り去る後ろ姿・・・

 

この辺りに対するメーカーが盛り込んだ美しさが、それぞれのクルマで際立っています。

 

SUVに対する熱い想いを書き殴ってしまいましたが、次の小見出しからはヴェゼルのスペックについて、まとめていきたいと思います♪



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

スポンサードリンク

ヴェゼルハイブリッドのスペック

さて、まずは、

 

ヴェゼルハイブリッドのスペックについて

 

です。

ハイブリッド仕様となれば、一番気になるのが「燃費」と言うスペックです。

というよりも、ハイブリッドを選ぶユーザーのほとんどが燃費を意識した方々だと思います。

そういうワケで、ヴェゼルハイブリッドの燃費をまとめてみますと、

 

ヴェゼルハイブリッドの燃費まとめ

グレード FF 4WD
HYBRID 27.0 km\L 23.2 km\L
HYBRID X 26.0 km\L(※17インチアルミホイールの場合は24.2 km/L) 23.2 km\L(※17インチアルミホイールの場合は21.6 km/L)
HYBRID Z 23.4 km/L 21.6 km/L
HYBRID RS 25.6 km/L 25.6 km/L

 

SUVでこれくらいの燃費だとかなり優秀です。

というより、カタログ最高燃費だけに注目すれば、燃費のスペックはNo.1かもしれません。

実燃費とカタログ燃費は全く別物なので、実際はどうなのかわかりませんが、i-DCDのおかげですよね。

 

特に、今後、ヴェゼルの購入を検討される方は、

 

ヴェゼルハイブリッドRSを検討

 

してみてください。

さすがにマニュアル仕様車ではないのですが、走りを意識したホンダのタイプRSです。

それでいて燃費スペックが25.6km/Lを叩き出しています。

もしくは、フィットRSからの乗り換えでSUVを選びたいけど、フィットRSのようなドライバーを中心にしたクルマが欲しい人にはピッタリですよ^^

 

ヴェゼルハイブリッドとして燃費にだけ着目しましたが、サイズなどに関する比較も大切ですよね^^



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

ガソリン仕様のヴェゼルのスペック

一方、ガソリンタイプのヴェゼルについては、

 

燃費が優秀

 

であることは当然な感じなので、数字では測れない部分のスペックについて触れてみます。

スペックというよりもヴェゼルのCVTとしてのセールスポイントについてです。

 

それは、

 

G・Desing Shift

 

なるものです。

これはホンダのオリジナルのCVT制御なのですが、スペック的に何かプラスになるワケではないです。

つまり、燃費や馬力にプラスということはないです。

が、これはガソリン車専用の設定で、最近のマイナーチェンジでヴェゼルに追加された機能であり、

※G・Design Shiftという技術は以前からあった。

 

アクセルペダルの踏み込みに対する、加速Gやエンジン音のフィーリングが素敵に♪

 

なる機能です。

S660などのクルマも乗っていて楽しくワクワクできるクルマですよね。

結局、走るのは公道ですから、こういったフィーリング絡みの機能の方が重要だと思います。

たとえ、スペック的に劣っている・変化なしであっても、

 

ドライビングが気持ちよければOK

 

というドライブ好きも多いですよね^^

スペックという話題から逸れてしまいましたが、数字で表されるスペックも大切ですが、こういったユーザーの感覚に訴えかける要素もとても大事ですよ♪



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

スペックをまとめてみて感じたヴェゼルの展望

今回はスペックをまとめてみたというよりは、ハイブリッドとガソリン仕様それぞれの

 

ヴェゼルのウリとなるポイント

 

に、私なりにフォーカスしてみた感じです。

ヴェゼルのスペックは、燃費や車内空間がちゃんと優れています。

 

で、燃費などの数字だけで話を語るスペックではなく、ユーザーの感覚などに訴えかけるスペックも大事だと思うのです。

車内空間の広さや、全長・全幅・全高などの大きさに関しては別の記事でも取り上げていますし、数字的な話は退屈だと思います。

私の個人的な意見としては、ヴェゼルの魅力的なスペックというのは、

 

あのフロントマスクにある

 

と感じるのです。

デビュー当初にメディアで報じられたときはほとんどの人が受け入れなかったデザインなのに、蓋を開けてみれば多くの人が魅了されることになりました。

ホンダマジックですよね^^

フィット3の時もそうでしたが、

 

ソリッド・ウィング・フェイスには、何か特別な魔力

 

が宿っている気がします。

ヴェゼルがフィットから受け継いだあのフロントグリルとヘッドライトが形成するライン。

何やら怪しい魅力を持っています^^

 

ちなみに、フィット譲りの後部座席の操作性はかなりイケてますよ。

ヴェゼルの試乗に行かれる際は、スペックの確認や乗り心地、運転性なども重要ですが、

 

実際にリアシートの折り畳みや跳ね上げ

 

をやってみてください。

特に、ホンダ車が初めての人にとって、感動的な使い心地ですよ^^

ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り
ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り



スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ