知りたいヴェゼルのスマートキー機能と注意点!

無いと困るスマートキーの便利な機能。

ヴェゼルでも使いやすいスマートキーが採用されています。

一方で、スマートキー用のカバーや電池切れ時の対処方法など、もしもの時のために確認しておきたいところ。

スポンサードリンク

また、リモコンエンジンスターターという、スマートキー以上に高度な機能のものも。

今回は、ヴェゼルのスマートキーについてです。

カギを持つ手

ヴェゼルのスマートキーはとても便利な機能。でも、注意点は・・・

技術の進歩もあって、

 

機械式のキーから、ワイヤレスのキー

 

への移行があっと言う間に進みましたよね。

今流行の「スマート~系」という一種です。

そして、ほとんどのヴェゼル・ユーザーがワイヤレスのスマートキーを使っているかと思います。

私の愛車のフィットRSでも、もちろんワイヤレスのキーを使っています。

 

ここで、スマートキーの機能をまとめてみると、

  • ドアノブを掴むだけで解錠できる
  • 施錠はドアノブのボタンを押すだけ
  • テールゲートも同様にボタンを押すだけで施錠&解錠
  • 遠距離からボタンを押して、ドアの施錠/解錠ができる
  • 電池切れでも機械式のキーが内臓されている
  • エンジン始動もスマートキーを所持しているだけでOK

といった具合です。

私も機械式のキーに慣れきった人間でしたから、スマートキーになれるのに最初はとまどいました(笑)

 

でも、やはり、

 

ドアノブを握るだけ

 

で解錠できるのがとても便利ですよね。

 

お子さんや荷物を抱えている時、サクッとドアロックを開けることができます。

しかもスマートキーの場合はポケットやカバンに入れておくだけで良いので、取り出す手間もありません。

今は、当然のようにスマートキーを使わせてもらっていますが、昔の機械式ですとこれまた一苦労ですよね。

 

私は、もう機械式のキーじゃ我慢できない

 

状態です^^

 

とは言っても、ここで注意点があります。

微弱な電波を飛ばすことで、スマートキーは機能を発揮しますよね。

なので、「他の電波によってスマートキーに誤作動が発生する」 or 「こちらのスマートキーが他者に影響を及ぼす」可能性があります。

 

まず、ちょっとした不都合としては、

  • 強い電波を発するモノが近くにある場合
  • 携帯やパソコンをスマートキーに近付けている場合
  • スマートキーが金属製の物で覆われている or 触れられている場合

誤作動が発生することがあります。

こういった類のケースは、あまり大したことがないですが、

 

ペースメーカー or 除細動器

 

の周りでは注意が必要ですよね。

こういった医療用電子機器を使用されている方は、ホンダの取説によると22cm以上は離れて欲しいようですね。

 

加えて、スマートキーの電池の寿命はだいたい2年間なのですが、

 

強い電波を受信し続けると、電池の消耗が激しくなる

 

とのことなので、テレビやパソコンといった電化製品の周囲には、スマートキーをあまり置かない方が良いですよ^^



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

スポンサードリンク

スマートキーのさらなる進化

続いて、スマートキーのさらなる進化というよりも、

 

もっと便利機能をもったリモコンエンジンスターター

 

なる存在がありますよね。

スマートキーの機能では、ドアのロック/アンロック、車内でのエンジン始動がワイヤレス、などといった範囲での便利さでした。

しかし、リモコンエンジンスターターでは、

 

かなり離れた場所からもエンジン始動が可能

 

という、スーパー飛び道具です(笑)

暑い日 or 寒い日に車内に乗り込んで一番最初に困るのが、

 

車内温度

 

ですよね。

夏場はブワっと熱気に苛まされ、冬場は手が悴むし太もも震えるしで、乗り込む前に車内温度を適切にしておきたいところです。

こういったシーンで活躍するのが、リモコンエンジンスターターであり、

  • 家の中からエンジンON
  • 駐車場の離れた位置からもエンジンON
  • 数百メートル以上離れていてもエンジンON

が可能な優れものです^^

 

ただし、十分に気を付けていないと、うっかり車庫にヴェゼルを入れた状態でエンジンONしてしまったり、エンジンON後に子供が運転席を触る危険もあるので、けっこう注意が必要となります。

 



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

機能もだけど、スマートキーのカバーも重要

ここで、スマートキーの機能の話から逸れますが、私のフィットRSでも、

 

スマートキーに付いてしまう細かい傷

 

がけっこう目立ってきました。

私の場合はお尻のポケットにスマートキーを入れることが多く、頻繁に擦れてしまいます。

白い線がたくさん、ホンダのエンブレムの周りにできてしまっています。

 

ホンダカーズで最初に受け取った時は、ピカピカに綺麗だったのに・・・

 

という感じです。

これを機にお洒落なスマートキーカバーを装着しようかなと思います。

クルマのカギもファッションの一部ですよね^^



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

スマートキーの電池切れの時は?

さて、スマートキーの機能がとても便利ではありますが、

 

電池が切れてしまったら・・・??

 

エンジンスタートをする際にどうやったら良いか確認しておくべきですよね。

出先でヴェゼルのエンジン始動をしようと思っても、電池切れでできない場合はけっこう困ります。

 

ということで、ヴェゼルだけでなく、他のホンダ車でも使える方法だと思うのですが、

 

「電池切れの場合の解決方法」

スマートキーの電池が切れると、

  • ブザー音が鳴り、ディスプレイに「キーでスイッチに触れてください」のメッセージ表示
  • もしくは、スタートボタンのランプが点滅し、READY表示灯が点灯しなくなる

といった感じになります。

こういったケースに陥った場合、スマートキーの電池がかなり消耗しているか、完全に電池切れでしょう。

 

この時の対処方法としては、

  • エンジンのスタートボタンを押す。
  • ブザーが「ピーピー」と鳴る。
  • スタートボタンのランプも点滅する(約30秒間)。
  • この点滅中にスマートキーに付いているホンダのエンブレムを、エンジンスタートボタンに触れさせる。
  • すると、ブザーがピッと鳴って、スタートボタンのランプが10秒間ほど点灯します。
  • この間にブレーキを踏みながら、スタートボタンを押す。

と、スマートキーの電池切れ状態でも、エンジン始動が可能となります。



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

まとめ-ヴェゼルのスマートキー

今回は、ヴェゼルのスマートキーの機能や、もしも電池切れした時のための対処方法について書いてきました。

また、リモコンエンジンスターターについても、紹介させて頂きました。

 

こういったリモコンキー絡みで気を付けておくべきは、

  • ペースメーカーや除細動器の家族や友人
  • スマートキーの電池切れ時の対処方法
  • エンジンスターターでは不意に危険な状況に陥ることがある

です。

 

便利なアイテムがたくさん増えてきたカーライフですが、正しく安全に活用していきたいものですよね^^

ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り
ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り



スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ