ブレーキから?不安を増長ホンダフィットの異音!

愛車フィットから異音が聞こえると、とても気になるもの。

特に、ブレーキからの異音らしい時は、運転するのが恐る恐るに。

スポンサードリンク

どのメーカーでも、たとえ技術のホンダでも、完璧なクルマは作れないでしょう。

そして、ハイブリッド車のブレーキ音も従来とは違い、判断がしにくいところ。

今回は、ホンダフィットのブレーキや異音についてです。

耳をふさぐ人

心配になるフィットのブレーキからの異音

リコールが多発したモデルだけあって、ホンダのフィット3から異音が聞こえるとビクビクしてしまいますよね。

騒がれたフィットハイブリッド自体のリコールはすっかり落ち着きましたが、フィットやヴェゼルのガソリン仕様ではつい最近にリコールが発表されました。

 

このリコールのフィットでの該当パッケージは13Gパッケージで、

  • アイドリングストップのシステム
  • パワステ(EPS)

の2点がリコール対象です。

 

一方、15XLパッケージやRSパッケージでのリコールもその前に1度発生しています。

2015年9月3日のリコール発表で、このリコールではエンジンの点火コイルが原因でした。

15XLとRSなので、排気量1.5Lのガソリン仕様フィットですよね。

6回目フィットリコール?ホンダのエンジンがかからない!?の記事でも取り上げています。

 

このように、ちょこちょこリコールが発生する状況であるがゆえに、自分のフィットから異音が聞こえたり、何か不調を感じたりすると、

 

「新たなリコールでは??」

 

と頭をよぎりますよね。

今のところ、フィット3でブレーキ系統のリコールは出ていませんが、ブレーキから異音が聞こえるというのはよくあることですよね。

ただし、厄介なのは、

 

本当にブレーキからの異音かどうか

 

が実にわかりにくいところです。

確かに、ブレーキを踏んだ時だけ異音が聞こえることもありますが、違う箇所からの異音と勘違いというケースが少なくないです。

そもそも、クルマはおびただしい点数の部品で構成されてますから、どの部分も異音の出所となる可能性がありますよね。

クルマの異音問題というのは、ユーザーはもとより、開発側もディーラー側も頭を悩ませるものです。

 

また、ブレーキは消耗品であるという特性上、劣化による異音も大いにあり得ますよね。

そして、インターネット上などの口コミでも、ブレーキの異音が話題に上がったりしますが、誰もなかなか判断できないです。

で、結局は、どこの部位からでも異音はユーザーの不安と心配を増長させます。

特に、ブレーキの不具合は、交通事故をたやすくイメージできるので恐々しいところがあります。

 

ということで、今回はいろいろと厄介で面倒なブレーキについて書いていこうと思います。



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

スポンサードリンク

【パッケージ別】ホンダフィットのブレーキ

さて、まずはフィットのブレーキということで、各パッケージに採用されているブレーキの種類についてまとめてみたいと思います。

 

フィット3の主ブレーキ

パッケージ フロント リア
  HYBRID   油圧式ベンチレーテッドディスク 油圧式リーディング・トレーリング
  13G   油圧式ベンチレーテッドディスク 油圧式リーディング・トレーリング
  15XL   油圧式ベンチレーテッドディスク 油圧式リーディング・トレーリング
  RS   油圧式ベンチレーテッドディスク 油圧式ディスク

 

パッケージ間で使用しているブレーキのタイプはほとんど同じなんですね^^

フィットRSのリアだけが油圧式ディスクで、他すべてのリアが油圧式リーディング・トレーリングとなっています。

フロントに関しては、いずれのパッケージも油圧式ベンチレーテッドディスクです。

 

上のフィットの例のように、ベンチレーテッドディスクは基本的にフロントタイヤに使われます。

そして、ベンチレーテッドディスクとディスクブレーキは、放熱性に優れているため、

  • ペーパーロック現象
  • フェード現象

への耐性が高いです。

 

※ペーパーロック現象やフェード現象についてはコチラでも触れています♪

ギアSの使いこなしでホンダフィットの楽しいドライブ!

 

一方で、リーディング・トレーリングはドラムブレーキに分類され、シンプルな構造と低コストさが特徴です。



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

ホンダのハイブリッドシステムのブレーキ異音

ところで、シェアがどんどん増えつつあるハイブリッド車ですが、独特な音を出しますよね。

「キーン」や「ポワーン」といった従来のガソリン車にはない、近未来的なあの音です。

発進時や減速時など、車外ではよく電子音的なサウンドが聞こえます。

基本的にハイブリッド車では、エンジン停止でモーター走行することが多く、車内でもそういった電子音が聞こえますよね。

 

ここで、ブレーキ時の異音で厄介なのが、ハイブリッド車では回生ブレーキをすることです。

従来の機械式のブレーキと、モーターによる回生ブレーキの両方を使って減速するのがハイブリッド車です。

回生ブレーキによってエネルギーを回収して、大容量バッテリーへの充電に回すアレです。

この仕組みが、驚異的な燃費を叩き出す助けの1つになっていますよね。

 

で、モーター走行で発進するときに分かるように、モーターが駆動する音が聞こえます。

そして、回生ブレーキ時もモーターが回転しますし、電子音が聞こえるかと思います。

この音を、ブレーキの異音と勘違いしてしまうユーザーも少なくないかと思います。

 

ホンダのハイブリッドシステムだけでなく、トヨタもどこのメーカーのハイブリッドでも、そういった近しい音がでますよね。

慣れていると、違いがすぐわかったりしますが。



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

ブレーキ異音が聞こえたら、ホンダカーズへ??

最後に、ブレーキの異音らしきものが聞こえた時の対処法ですが、ケースによってはホンダカーズでもすぐに解決できないこともありますよね。

特に、ブレーキからの異音なのか、どこの部位からの異音なのかが、上手く抽出できないことってよくあるパターンです。

異音に対する問題解決ほど難しくて、厄介なものは無いかもしれませんね。

 

何か対策をしてもらったとしても、日頃の運転で常に気を張って耳を澄ましがちになります。

こういった異音関係は、一度聞こえると気になってしょうがなくなる類のものですよね。

不安を維持させつつ、増長させるような音と言えます。

 

そして、現在のフィットハイブリッドでも、i-DCDのモーター音が良く聞こえるかと思います。

ハイブリッド車にあまり慣れてないと、何かの異音と勘違いしやすいかもしれません。

次の新型フィットハイブリッドでは、i-MMDによるハイブリッドシステムと言われています。

こちらのi-MMDは、アコードハイブリッドのように、i-DCDよりも静粛性が高いと思います。

その分、今まであまり聞こえてこなかった、異音と間違えやすい音が聞こえやすくなるかもしれませんね。

 

ちなみに、異音など関係なしに以下の警告灯や表示灯が消えない場合、ブレーキ関係の問題です。

こういったマークが消えずに点灯し続けたら、要注意です。

ホンダ車の警告灯や表示灯関係のおすすめ記事はこちら

【メーター表示まとめ】ホンダフィットのメーターディスプレイ!

 

ホンダフィット3のブレーキ関係の警告・表示灯

ブレーキ警告灯(赤) ブレーキ警告灯(赤色で点灯時)
ブレーキシステム警告灯(橙) ブレーキシステム警告灯(オレンジ色で点灯時)
シティブレーキアクティブ表示灯 シティブレーキアクティブ表示灯

ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り
ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り



スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ