誰でも簡単!ヴェゼルのインパネ取り外し上手!

スムーズな取り外しで、ナビの取り付けや、USB接続パネル、装飾パネルの交換etc・・・

しかし、ヴェゼルのインパネは、取り外したりするのが億劫になるくらい、我々を魅了するデザインです。

スポンサードリンク

一番確実な方法でインパネを取り外し、ヴェゼルの素晴らしい内装を無傷に保ちたいところ。

今回は、ヴェゼルのインパネ取り外しについてです。

説明書

インパネの取り外しの前に・・・

ヴェゼルと言うと、内装デザインの評価が高く、フィットよりも少し上の価格帯とは思えない出来栄えです。

最近のSUV市場では、

 

内装のクォリティーへの力の入れ様

 

が強いです。

エクストレイルやCX-3、CX-5など、プレミアカーを感じさせるようなインテリアが意識されています。

 

で、ヴェゼルのインパネの取り外し方

 

としては、こちらの動画がかなり参考になります♪

参考動画

 

ハーネスの取り外しや収納などといった、電装系に大きく影響してくる改造となりますので、確実にこなしたいですよね^^

間違った配線にはなりにくいように、ヴェゼルでもどんな車でもハーネス類に工夫がなされていますが、油断は禁物です。

※基本的に、コネクタ形状やハーネスの長さなど、ヒューマンエラーが起きにくいようにクルマの設計はされています。

 

ところで、インパネが意味する本来の意味は、

 

ハンドル背後のメーター計器類

 

のようですね。

メーターも進化してきており、フロントガラスに表示できる改造も可能になってきてます♪

いわゆる、最近凄く話題になっているHUD(ヘッドアップディスプレイ)ですよね。
HUDは最先端チックなデザインであり、見やすさや便利さも向上

していますよね^^

 

もともと、インパネはインストゥルメント・パネルの略であり、「インストゥルメントは計器を意味する」言葉です。

ですが、最近ですと、助手席側のグローブボックスなども含めてインパネと呼ぶことがよくあります。

まぁ、日本語はあいまいな表現が多いことですし、とりあえずは運転席&助手席前方の内装がインパネであるとしても差支えはないでしょうね^^

ダッシュボードやコンソールパネルなど、いろんなネーミングがありますが・・・

 



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

スポンサードリンク

魅了するヴェゼルのインパネ

さて、インパネの取り外しとはいえ、作業中に傷を付けてしまったり、ハーネスやツメを壊してしまったりなどがあるので、確認を怠らずにやっていきたいところ。

上で紹介した動画のように、YouTubeではたくさん参考になる動画があるワケですが、

 

ヴェゼルのインパネは弄りたくない

 

ほどの綺麗なデザインですよね。

特に、ヴェゼルハイブリッドでの上級グレードである、

 

HYBRID Z

 

で選択できるインパネのカラーリングがとてもおすすめです。

ヴェゼルハイブリッドZのインパネのオプションとしては、

  • パッションブラック(コンビシート)
  • ジャズブラウン(コンビシート)
  • ブラックレザー(本革シート)
  • ブラックレザー(ブラック×アイボリーの本革シート)

の4種類があります。

 

ジャズブラウンとブラックレザー(※ブラック×アイボリー)が

 

HYBRID Z 限定オプション

 

です。

 

これら2つの限定オプションですが、私が一番気に入っているのが、黒を基調とした内装デザインに映える「ブラウン or ホワイト」のインパネのカラーリングです。

 

ジャズブラウンが、「ブラック×ブラウン

ブラックレザーが、「ブラック×ホワイト

 

となっています。

これらのインパネによって、内装の雰囲気に格調さを付け加えてくれます。

ヴェゼルハイブリッドZは特に、インパネの取り外しがしたくなくなるような、整ったインパネですよ^^

 

ちなみに、私が一番気に入っているのは、ヴェゼルRSとヴェゼルハイブリッドRS専用のウルトラスウェードです^^

 



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

取り外しになる?ハンドル背後のメーターは昔話

ところで、今時のクルマのトレンドって、

  • 自動運転
  • テレマティクス
  • インターフェース

といった類ではないでしょうか?

 

で、インパネやメーター類となると、クルマの速度などの情報をどうやってドライバーに伝えるかのインターフェースが肝ですよね。

例えば、上で紹介した、

 

HUD(ヘッドアップディスプレイ)

 

ですが、従来のメーター表示よりも便利ですし、安全です。

やはり、昔ながらのインパネだと、視線をハンドルの背後に移さないと速度などを確認できないですよね。

ドライブ中の視線の移動は瞬時にできますが、意外とロスしている周囲からの情報が大きいです。

 

でも、フロントガラス上に投影された、スピードメーターやナビ表示だと、視線移動の距離や頻度がかなり小さくなりますよね。

これがかなり便利で、ドライバーの疲労やストレスの軽減にも繋がりますし、事故を起こしてしまう確率もグッと低く抑えてくれるはずです。

 

近い将来は、ハンドル裏のインパネが無くなって、HUDでの表示に取って代わるかもしれませんね^^

 



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

未来のインパネ、HUDもヴェゼルに

今回は、ヴェゼルのインパネの取り外しについて書いてきましたが、一番手っ取り早いのは、

  • YouTubeなどの先駆者の動画で学ぶ
  • 取り外し前にしっかり準備をする
  • デフォルトの状態をメモしつつ、落ち着いて取り外し作業をする

です。

 

ナビを自分で取り付けたかったり、インパネの装飾パーツを交換したかったりと、DIYしたくなってしまうインパネ改造です。

ヴェゼルをはじめホンダ車など、大抵のクルマの設計では、コネクタやハーネスを誤った位置に取り付けにくくなっています。

というよりも、物理的にそういったエラーが起きにくいような作りをメーカー側が採用しています。

なので、YouTube動画などの見真似である程度カタが付きやすいです。

※大量生産をする工場で、組立ミスが起きにくくするのが基本。

 

で、ヴェゼルのインパネ周りのデザインとしてイチオシなのが、

  • HYBRID Zのジャズブラウン&ブラックレザー(ブラック×アイボリーのカラー)
  • RSパッケージのウルトラスウェード

です。

なので、ヴェゼルのガソリン車ですと、やはり、RS仕様の内装が一番グッと来ますよ^^

 

また、今後はメーカーの純正インパネ自体がHUD(ヘッドアップディスプレイ)という、便利な時代が到来するはずです。

運転者が視線移動をあまりしなくて済むHUDはかなりおすすめですし、クールな近未来感が素敵です♪

是非、先取りして体感してみてはどうでしょうか^^

ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り
ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り



スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ