改造ヴェゼルの青目にトキメキ!青色ボディにもフィットする?

トキメキが止まらない、ホンダヴェゼルの青目。

眩い外装のヴェゼルに、青目化がとてもフィットします。

スポンサードリンク

日夜を通してキラリと輝くブルーアイズがヴェゼルのデザインをさらに引き立てます。

また、青目と言えば、2016年5月下旬にマイナーチェンジのアコードハイブリッド。

今回は、ヴェゼルやアコードハイブリッドの青目についてです。

ブルーライト

青目のヴェゼルはこんな感じです♪

宝石のような輝きが素晴らしいホンダのヴェゼル。

そんなヴェゼルの目(ライト)を青色にしてあげると、なお一層、ヴェゼルの輝きが増します^^

 

ということで、まずは、

 

実際に青目にカスタムしたヴェゼルがこちら♪

みんカラの参考ページです。

 

みんカラはホントに便利ですよね。

こうやって、いろんなヴェゼルユーザーの改造例やTipsが見れるワケですから^^

 

上のページで使われた青目用の改造パーツがこちら♪

 

で、上で紹介したリンク先の青目のヴェゼルですが、超イケてますよね。

やはり、ダイヤのような美しさをまとったヴェゼルだからこそ映える青目です。

さらに、

 

もっとヴェゼルの青目仕様の美麗さを見れる動画がこちら。

参考YouTube動画です♪

 

いやぁ~、ハンパなく惹きこまれてしまうお姿のヴェゼルさんです^^

青目を中心に紹介する動画ではないですが、凄くかっこいいブルーアイズですよね。

そして、青目だけでなく、この動画のメインディッシュのライトも凄まじくクールです。

 

ヴェゼルの青目をスタイリッシュに囲んでいますよね♪



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

スポンサードリンク

ヴェゼルの青色(モルフォブルー)に青目はフィットする?

さて、上で紹介した青目のヴェゼルのボディカラーは、

  • 白色(ホワイトオーキッド・パール)
  • 赤茶色(プレミアムディープロッソ・パール)

です。

 

ここで、気になるのが、

 

ヴェゼルの青(モルフォブルー・パール)と、青目が似合うのか??

 

ですよね。

私個人的な意見としましては、やはり、

 

ボディ色が黒色や白色のヴェゼルには勝てないだろう

 

という考えです。

青目のフロントマスクとフィットするのは、黒色や白色、茶色系だと思いますよ。

 

で、ヴェゼルのモルフォブルーについてですが、

 

モルフォ蝶がモチーフとなっています^^

水辺のモルフォ蝶

そして、このモルフォ蝶というのは、

 

世界で一番美しいと言われる蝶

 

です。

それもそのはずで、モルフォ=”Morpho”は、ギリシャ語で美しいという意味なのです。

生息地は北アメリカの南側から南アメリカ大陸の辺りで、寿命は一ヶ月ほどとのこと。

 

ちなみに、こういった綺麗なモルフォ蝶は、

 

花の蜜を吸うのがメインとイメージしがちですが、

 

実は、

  • 腐った果実
  • 死骸(動物)
  • キノコ

の方をより好むようです(笑)

 

見た目の青色の美しさとは裏腹に、けっこう意外なモノが好物のようです・・・

 

さすがに、モルフォ蝶には、トキメクのがかなり難しいかもです。



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

中古のヴェゼル情報 in 青森

続いて、今回は青目のヴェゼルということで、

 

青繋がりで、青森県のヴェゼルの中古車情報

 

について軽く触れます^^

一番使いやすいカーセンサーでのリサーチですが、

 

3台しか出回っていない

 

ようです。

※ただし、カーセンサーが把握している台数です。

 

北海道ですと数十台の中古ヴェゼルが出回っているのですが、青森だとけっこう少ないんですね。

ちなみに、3台の中古ヴェゼルすべてが、ハイブリッド&4WD仕様のようです。

そして、総支払額は240万円から260万円台といった具合です。

総走行距離が1万km台や4,000km程度なので、なかなか良い感じの状態の中古ヴェゼルっぽいですよね。



2016年5月下旬-青目アコードハイブリッドのマイナーチェンジ

ところで、ヴェゼルの青目に注目しがちですが、

 

アコードハイブリッドのフロントマスクも青色

 

なんですよね。

参考動画がこちら。

アコードハイブリッドの青目

 

アコードハイブリッドの目が青色というよりは、フロントグリルあたりが青色です。

私は最初、このデザインを見たとき、「さすがにダサいかなぁ」と思ってしまったのですが、

 

今ではかなりイケてるよね

 

という評価をしています。

やはり、良いデザインの素晴らしさには、すぐに気が付けないですし、受け入れるのにも時間が掛かりますよね。

 

で、このアコードハイブリッドですが、先日ハイブリッド仕様が追加されたオデッセイと同じハイブリッドシステムi-MMDを搭載しています。

というよりも、アコードハイブリッドこそが、2013年に最初にi-MMDを搭載したクルマなんですよね。

 

そんなアコードハイブリッドですが、

 

遂に、ビッグマイナーチェンジが2016年5月下旬

 

に控えていますよ^^

ということで、まずはこちらの紹介動画から♪

紹介動画です。

 

こちらが先行情報サイトなのですが、フロントグリル部の青色が見当たりませんね。

なので、まだ詳細はなんとも言えませんが、このあたりのデザインが変更されたのかもしれません。

 

そして、ヴェゼルが2016年2月にマイナーチェンジによって、ホンダセンシングの装備が追加されましたが、

 

アコードハイブリッドでも標準装備

 

となるようですね。

ここで、気になるのが燃費性能ですよね。

オデッセイハイブリッドでは、初期のアコードハイブリッドのi-MMDシステムより進化したi-MMDが搭載されています。

そのオデッセイハイブリッドの燃費は、26.0km/Lという驚異的なスペックです。

この進化したi-MMDがアコードハイブリッドに搭載されるとなると、初期のアコードハイブリッドの30.0km/Lを凌駕するかもしれません^^

 

エクステリアデザインもより落ち着いており、成熟したアコードハイブリッドとして、2016年5月にマイナーチェンジがデビューすることになりそうです♪

私の中では、アコードハイブリッドこそ、価格や性能、デザイン、すべてがうまくバランスのとれたクルマだと思っています^^

最強のセダンです。

 

めちゃくちゃ大期待ですよね^^



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

まとめ-青目にカスタムしたいヴェゼル

今回は、青目のヴェゼルについて書いてきました。

フィットやヴェゼルとなると、フロントグリルの交換によるイメチェンがかなり強力なのですが、

(※フロントグリル改造のおすすめ記事へのリンクが下の方にあります♪)

 

青目カスタムもスマートな改造です^^

参考動画がこちら⇒参考YouTube動画

 

特に、白色や黒色、赤茶色のボディカラーのヴェゼルと組み合わせるのがおすすめです。

ただし、モルフォブルー(青色)のヴェゼルには、青目は似合わないかもしれません。

 

また、ホンダアクセスからは、

 

インテリア用の青色LEDイルミネーションセット

 

が出ています。

外装の青目と合わせて、内装もキラリと輝く青色にしちゃうのもアリでしょうね^^

 

そして、今年2016年のお楽しみが、

 

5月に控えるアコードハイブリッドのマイナーチェンジ

 

です。

デザインに成熟さが増し、また燃費性能の向上に大期待です^^

ただ、残念ながら、フロント部の青色の装飾がなくなるような雰囲気ではありますが・・・

ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り
ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り



スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ