動画で試乗!フィットハイブリッドのSパッケージ、RS、4WD!

Sパッケージフィットハイブリッドで人気の試乗?

試乗動画はYouTubeなどによくUPされていますね。

大半が気になるのが、フィットハイブリッドのSパッケージやフィットRS、4WD。

動画

実際に試乗へ行かなくても、ネット上の動画である程度の情報がゲットできる昨今。

今回は、フィットハイブリッドの試乗動画についてです。

スポンサードリンク

フィットハイブリッドならSパッケージの試乗動画

まず、フィットハイブリッドの試乗動画の中で、一番興味がある人が多そうなのは、

 

Sパッケージ

 

ですよね^^

ということで、早速、フィットハイブリッドのSパッケージの試乗動画がこちらです。

※フィットハイブリッドのSパッケージのカタログ燃費は、31.4km/L(FF)と27.6km/L(4WD)です。

 

 

やはり、スポーティーな仕様になってますし、スポーツ性のグレードというのは試乗が肝心です。

もともと、Sパッケージの購入を検討する方は、走りを意識したモデルや毎日のドライブが大好きな方々でしょう^^

 

また、フィットハイブリッドSパッケージの装備というのは、

 

かなり贅沢

 

です。

 

そもそも、i-DCDハイブリッドシステムによって、かなりの低燃費性能を持っています。

具体的には、

  • FF・・・31.4 km/L
  • 4WD・・・27.6 km/L

とかなり素敵なカタログ燃費です^^

 

さらに、パドルシフトによるギアのマニュアル選択が可能です。

さすがに、フィットRSのような6MTのオプションは不可能ですが、MT車に近い感覚で操る歓びを楽しめます。

新型NSXもパドルシフトですよね。

※ただし、マニュアル的にギアシフトできますが、ある程度のコンピューター抑制は発動します。

 

このように、性能面や機能面が充実しているフィットハイブリッドのSパッケージですが、

 

内装もエクステリアもスポーティーで◎

 

となっていますよ♪

 

例えば、内装はフィットRS専用装備と同じで、

  • RSシート
  • インテリア
  • ステンレス製スポーツペダル

となっており、

 

エクステリアも

  • RSサイドシルガーニッシュ
  • RSリアバンパー
  • RS大型テールゲートスポイラー

という盤石な装備となっています^^

 

特に、RS専用の大型テールゲートスポイラーの装備が嬉しいですよね。

この装備がリアにあるだけで、

 

シビックタイプR的な雰囲気

 

を醸し出せます。

※若干、誇張しすぎかもしれませんが(笑)



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

スポンサードリンク

一番気になる動画はフィットRSの試乗

でも、フィットハイブリッドのSパッケージより、

 

フィットRSが一番アツい

 

ですよね。

Sパッケージのようなパドルシフトではなく、

 

ガチのMT操作が楽しめる

 

のがフィットRSです。

 

とは言っても、私個人の感想としましては、フィットRSの6MTは、

  • ラクに運転できて、FUNが詰まったマニュアル車
  • 女性でも楽しめる操作性がグッド

です^^

 

シフトノブやクラッチ、アクセル/ブレーキペダルを、ノーマルなフィットと同じくらい小さな力で操作できます。

スポーツカーのような重厚感が無く、どんなドライバーにもフィットしてくれるマニュアルだと思います。

 

ニーズとしては、

 

「バリバリなスポーツカーほど気張ったクルマは避けたい」

「でも、毎日のドライブでの操る歓びやFUNを感じたい」

 

という人にピッタリなのがフィットRSです。

スポーツ性を感じたいけれども、ガチガチなスポーツカーを避けて、控えめにしたい人も多いです。

 

ただし、完全なマニュアル車なので、Sパッケージのフィットハイブリッドよりも試乗が重要になりますよね。

フィットRSは、是非ともホンダカーズでお試し頂きたい、マニュアル車です。

 



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

4WDのフィットハイブリッド試乗はどう??

一方、フィットハイブリッドでは、4WD仕様も選択可能ですよね。

※トヨタのアクアには、4WDは用意されていません。

 

で、4WDのフィットハイブリッドの乗り心地とは言っても、

 

基本的にほとんど2WD

 

なので、試乗ではあまり走りの差が感じられないと思います。

フィットハイブリッドの4WDはコーナーなどで何か特別な働きをするワケでもなく、必要な時にだけ動作する4WDシステムです。

残念ながら、普段は4WDの機構が燃費を悪化させるウェイトになっているようなものです。

 

そのため、4WDのフィットハイブリッド試乗では、何か特段感じる部分はないかと思いますよ。

わざわざタイヤが空転などしそうな所へ、フィットハイブリッドを連れて行って試乗すると4WDが作動したりするとは思いますが。

 

一方で、新型NSXやレジェンドのシステムでは、トルクベクタリングという効果を発揮して、コーナーリングに新感覚をもたらしてくれます。

NSXやレジェンドでは、「前輪の2つの小型モーター」、もしくは、「後輪の2つの小型モーター」によって、コーナリング時に大きな違いをもたらしていますよね。

 



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

大半の試乗記-フィットハイブリッドのマイナス点

ここでは、大方のフィットハイブリッドの試乗記で述べられている、

 

マイナス点

 

について、まとめてみたいと思います。

 

まず、急加速でのディレイ(遅れ)についてですが、

  • モーター走行(EV走行)中
  • 完全停止中

にアクセルを踏み込んで、急加速しようとしても、

 

エンジンの駆動力発揮までが遅め

 

です。

やはり、エンジン停止状態から始動へもっていくのに、駆動モーターがその役割を担うワケですが、それが遅れ気味のようです。

モーターで走行している途中で、エンジンのスターターとして切り替わるので、時間が掛かるのかもしれません。

 

続いて、エンジン回転数の

 

不要な?高回転維持

 

がされることがあります。

エンジンの回転数と合わせるためか、加速/変速中のアクセル操作で高回転がキープされてしまうことが少なくないです。

フィットハイブリッドの乗り心地には影響してきませんが、エンジン音を気にする人がたくさん存在しそうではあります。

 

最後に、足回りが硬過ぎると感じる人が少なくないようです。

スポーツハイブリッドi-DCDということで、硬めの足にしているのかもしれませんね。

 

以上をまとめると、

  • エンジンの駆動力発揮までの時間
  • 高回転音が気になるエンジン
  • 硬い乗り心地

といったポイントが、フィットハイブリッドで厳しい点だと思います。

 

試乗では、これらのポイントをしっかりチェックするのがおすすめです。



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

まとめ-フィットハイブリッドの試乗

今回は、ホンダ・フィットハイブリッドの試乗について書いてきました。

試乗動画としては、SパッケージやフィットRSなど、YouTubeで多様多種な動画を観れる昨今。

また、インターネット上で、いろんな人が提供してくれている試乗インプレや試乗記。

 

こういった沢山の試乗レポートをガッツリ活用して、実際のホンダカーズでの試乗に役立てたいですよね^^

さらに、試乗動画を観るのも、いろんな視点でフィットハイブリッドを知れるので、おすすめです♪

ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り
ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り



スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ