人気の色はどれ?ホンダのフィットのカラーが多彩!

【注意】フィットの中古車購入についてはこちらの記事がおすすめです。

>> フィットの中古車価格の相場は安い?格安値段&狙い目を実現する方法!

 

クルマの色って、外も中もみんながこだわるポイントです。

特に、ホンダの新型フィット3のカラーの取り揃えは非常に豊富です。

しかも、快適装備を追加したコンフォートエディションでは、さらに特殊な色が追加されました。

スポンサードリンク

黒色や白色を好むユーザーが多いですが、フィットの人気色はどれなのか。

今回は、人気のフィットの色に迫ります。

 

フィットのボディカラーをまとめてみました♪

ホンダフィット3のボディ色リスト

平均的な車の人気色は?

【注意】フィットの中古車購入についてはこちらの記事がおすすめです。

>> フィットの中古車価格の相場は安い?格安値段&狙い目を実現する方法!

 

さて、新車にしろ、中古車にしろ、クルマの購入時にみんなが悩むのって、ボディ色ですよね。

そして、多くの人が選ぶのが、黒色と白色です。

 

黒色のクルマだとピッカピカに磨いてあげれば、キラキラ輝くボディに仕上がりますよね。

そして、高級感というかプレミア感を醸し出す人気の色です。

 

ただし、夜の運転で相手のクルマや歩行者に気付いてもらえにくい、という欠点があります。

また、汚れやキズも目立ちやすいのが特徴ですよね。

さらに、日光にあたると黒色ということで、車内温度が高くなりやすいです。

そのため、クーラーの効きが他の色に比べて弱くなり、燃費的にも若干不利になります。

 

ですが、逆に、冬場の寒い時にこのデメリットがメリットに変わりますが^^

 

一方で、白色のクルマも綺麗に見えて、人気の色ですよね。

で、黒色だと引き締まって見えますが、白色だと他色よりもサイズが大きいイメージが付きやすいです。

さらに、白色って目立ちますよね。

そのため、相手に気付いてもらいやすく、事故の確率が低くなりやすいです。

 

また、もう1つの定番色がシルバーですよね。

汚れやキズが目立ちにくいところがメリットです♪

 

これら3つの色ってクルマの人気色で素敵ではありますが、他のクルマとダブる色なので目立ちたい人にとってはそれがデメリットですよね。



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

スポンサードリンク

色が与える人への影響

ということで、クルマの色って多くのユーザーにとっての悩み所なワケですが、ここで色が人に与える影響について触れてみようと思います。

これがかなり興味深いのです。

まず、色が人に影響を与えるのか、与えないのかでは、答えとしては影響を与えます。

服であったり、置物であったり、何かの商品であったり、製作する側の人間はどのように相手を誘導したいか、によって配色を決めると言われています。

彼らは、色が人に影響をもたらすことを知っているんですね^^

つまり、我々は無意識のうちに、色の選び手によって誘導されている可能性が高いです。

何だか、ちょっと怖くなってきますが(笑)

 

で、色がもたらす影響は大きく4つに分けられて、

  1. 心理的な効果
  2. 生理的な効果
  3. 感情的な効果
  4. 文化的な効果

といった具合に効果があります。

ということで、代表的な8色の効果についてまとめてみますと、

期待できる効果
 興奮、注意、警戒、刺激、体温&血圧UP
 楽観的、陽気的、活動的、食欲UP
明朗、希望、集中力
 安定感、リラックス
 落ち着き、緩和
 集中力、静けさ、エレガントさ
 高級感、威圧感
誠実性、純真性

これを知ってしまうと、色のことをメッチャ気にしてしまいますよね^^

 

そして、やはり、クルマの事故ってホントにツライと思います。

なので、自分も相手も落ち着いて運転して、事故を極力避けたいところです。

つまり、青とか緑のボディ色にしてしまえば、なんだか安心できますよね♪



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

フィットのコンフォートエディションの色

さて、様々な意味での選択は大切だということですが、ホンダの現行フィットに用意されているカラーリングはかなり多いです。

つい最近、快適装備を充実させた特別仕様車のコンフォートエディションがフィットに追加されました。

で、このコンフォートエディションには、新たなボディカラーが3つも追加されました。

そのため、合計で16色もの中からフィットの色を選べます^^

まぁ、非常に迷いますよね。。。

とりあえず、コンフォートエディションの専用色は、

  • プレミアムクリスタルレッド・メタリック
  • プレミアムピンク・パール
  • プレミアムディープモカ・パール

です。

プレミアムクリスタルレッドメタリック

まず、プレミアムクリスタルレッド・メタリックですが、この色は情熱を感じますよね^^

フィットにはもともとミラノレッドというボディ色が用意されていましたが、それとはまた質感が一味違っています。

プレミアムディープモカパール

そして、コチラがプレミアムディープモカ・パールです。

なかなか色の名前だけではイメージが付きにくい色ですよね。

大人の渋さと優雅さが感じられる素敵な色ですよね。

プレミアムピンクパール

最後に、この桜色のボディカラーがプレミアムピンク・パールです。

ホンダがやってくれましたね^^

かなりビックリしてしまう色ですよね。

春先のお花見にピッタリな色であります♪

 

また、コンフォートエディションには、特殊なカラーだけでなく、

  • シートのヒーター
  • 紫外線・赤外線をガッツリとカットする窓ガラス
  • エアコンの高性能脱臭フィルター

など、機能的な快適さも充実しています。

さすが、コンフォートエディションですよね^^



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

ホンダの色の技術

ここで、先ほどのコンフォートエディションの専用色「プレミアムクリスタルレッド・メタリック」の豆知識ですが、塗装工程にかなりホンダが力を入れたようです。

艶やかな表情と燃える様な情熱を実現するために、ソリッドカラーとメタリックカラーの重ね塗りを施しているそうです。

同じ系統の赤色であっても、ミラノレッドには無い質感をこうやって実現しているんですね^^

プレミアムクリスタルレッドメタリックの塗装工程

マツダの色もカッコイイ

マツダロードスターワインレッド

ところで、赤色と言えば、最近のマツダが出しているソウルレッドプレミアム・メタリックも素晴らしいですよね。

CX-5などの他車種でもこの系統の赤色を出していて、街中でかなり目を引く魅力的な色です。

ソウルレッドだけに、魂の情熱を感じますよね。

そもそも、デザインコンセプトが「魂動:SOUL OF MOTION」ですからね^^

かたちに命を吹き込むことを志して開発されたようです。

マツダロードスターインテリア

そして、こちらが新型ロードスターのインテリアです。

室内側からも、ソウルレッドプレミアム・メタリックの色がドアの内側に見えます。

乗車している人にも「魂動」という熱い気持ちが十分に伝わってきて、運転することにワクワク、ドキドキしますよね^^

さすが、「Be a driver」です!!



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

フィットの人気色はどれ?オススメは?

最後に、フィットの人気色ってどれなんでしょうね。

(※フィットのボディ色一覧はコチラのページ)

 

まず、フィットRSを選ばれる方は、やはり、RSパッケージ専用色のサンセットオレンジⅡが一番のオススメですよね^^

「フィットRSといえば、この色っ!!」という感じですし。

 

そして、サンセットオレンジⅡ以外を選ぶのであれば、オススメはやはり黒ですかね。

中古車として将来的に売り出すのであれば、リセールバリューの高い黒色がオススメです。

RSパッケージに関わらず、黒はどのパッケージにも合っていますよね。

フィットビビッドスカイブルー

で、フィットハイブリッドですと、一番イメージが合うのがビビッドスカイブルーですよね。

環境に配慮している感がすごく伝わってきますし、ハイブリッド車にピッタリな爽やか色合いです。

フィットハイブリッドの燃費と言えば、ホンダの中でトップですし、フィットハイブリッドを選ばれるならこの青色が一番似合っているかと思います。

 

そして、お手入れがメンドクサイ方の場合は、やはり、銀色がオススメです。

無難なカラーですしね^^

 

また、お得な特別仕様フィットのコンフォートエディションを選ばれる人も多いかと思います。

コンフォートエディションでは、やはり、プレミアムクリスタルレッド・メタリックがイイですよね^^

この暗いご時世に情熱を与えてくれる色です♪

 

【注意】フィットの中古車購入についてはこちらの記事がおすすめです。

>> フィットの中古車価格の相場は安い?格安値段&狙い目を実現する方法!

 

ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り
ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り



スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ