マフラーはホンダ標準で満足?フィットのリアは無限で!

クルマの改造において、マフラーを交換する人が多いですよね。

ホンダのフィットにも無限製のマフラーがありますし、標準よりもカッコイイです。

そして、ワクワクするエキゾーストノートを求めたいですよね。

 

また、走り去っていく後姿を決めるのは、マフラーのデザイン。

今回は、マフラーの役割や無限製マフラーについてです。

 

ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り
ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り



 

【フィットの車検費用を格安にする方法はこちら。】

>> フィットの車検の費用でディーラーより安く!相場や見積もりでおすすめは?

マフラーの役割

まず、マフラーと聞くと、スポーツカーの象徴の1つですよね。

威圧感たっぷりにリアから突き出た大きなマフラー。

カッコ良くて、存在感のあるマフラーがあると、そのクルマがとても速そうなイメージが湧いてきます。

例えば、最近のホンダ車ですと、シビックタイプRのマフラー。

シビックタイプR-マフラー

リアの両サイドに力強く居座っている2穴の、合計4穴のマフラーを見ると、「このクルマめっちゃ速そう」と思っちゃいますよね。

走り去るときに、見る者の心を奪い去っていく、惚れてしまうほど印象的な後ろ姿。

 

一方、我らがフィットはどうかと言いますと、フィットRSでさえも標準装備のマフラーは控えめなデザインです。

控えめというより、マフラー自体が普段お目に掛かれないデザインになっています。

例えば、こちらの画像のように。

フィット-マフラー

フィット-マフラー色有り

リアのアンダースポイラーの陰に隠れてしまって、マフラーを拝見できません(泣)

先ほどの、シビックタイプRとは真逆ですよね。

このように、マフラーというのは、そのクルマの後姿を決定づける重要なドレスアップになります。

 

一方で、デザイン的な役割もさることながら、機能的な役割も大きいのがマフラーです。

むしろ、機能的な役割が最重要ポイントですよね。

基本的には、エンジンが燃料を燃焼させた時の排気ガスをマフラーが処理しています。

マフラーの役割を軽くまとめてみますと、

  • 消音効果(サイレンサー)
  • 排気ガスの温度と圧力を低下させる
  • 触媒で排気ガスを浄化させる

といった具合です。

 

マフラーは車検にも引っ掛かってくるパーツなので、ルールを守ってカッコ良く改造していきたいところですよね。

ホンダ車ですと、無限から素敵なマフラーが販売されているのでオススメです^^

 

【フィットの車検費用を格安にする方法はこちら。】

>> フィットの車検の費用でディーラーより安く!相場や見積もりでおすすめは?



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

スポンサードリンク

フィットの無限マフラー

さっそく、無限製のフィット用改造マフラーについて書いていきたいと思います。

まず、フィットRSと15XLパッケージ用の無限マフラーがこちら。

フィットRS&15XL無限マフラー

上で見た控えめなフィットのマフラーとは全く違いますよね。

1穴から2穴に増えていますし、大きさも全然違います。

迫力満点のマフラーですよね。

やはり、マフラーは存在感溢れる2穴が私は好みです^^

この無限マフラーでフィットのリアデザインはバッチリですよね♪

フィットRS&15XL無限マフラー装着

そして、排気効率やレスポンスといった、機能面でも大きくパワーアップしています。

加えて、マフラー改造で気になるのが、エキゾーストノートですよね。

この無限マフラーでは、気持ち良いエキゾーストノートが奏でられるように、内部レイアウトが設計されています。

性能も、見た目も、音もこの無限マフラーでバッチリですね^^

 

さらに、無限マフラーと同時に装着したいのがコチラ。

無限フィットRSリアアンダースポイラー

無限製のリアアンダースポイラーです。

このパーツは、デフォルトのリアバンパーの上から取り付ける形ですよ。

ただし、装着前に、リアバンパーを少し補正する改造が必要なようですね。

LEDのフォグライトも装備できるので、コチラもおすすめですよ^^

無限フィットRSLEDリアフォグライト

ちなみに、この無限マフラーと標準装備のマフラーでは、サイズが大きく違いますよね。

でも、ご安心ください。

デフォルトのリアバンパーのままでも、こちらのサイズが大きい無限マフラーを装備できます。

なので、無限マフラーだけの交換もいけちゃいます♪

 

追記ですが、フィットのハイブリッドパッケージと13Gパッケージ専用の無限マフラーもちゃんと用意されていますよ^^

 

【フィットの車検費用を格安にする方法はこちら。】

>> フィットの車検の費用でディーラーより安く!相場や見積もりでおすすめは?



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

オデッセイハイブリッドの無限マフラー

ところで、先日発売がスタートしたホンダの新型オデッセイハイブリッド。

あのオデッセイで遂にハイブリッド仕様が出たんですよね^^

フィットハイブリッドではi-DCDシステムでしたが、こちらのオデッセイハイブリッドではi-MMDです。

楽しさ満点の加速フィールと、澄んだ静粛性が武器のオデッセイハイブリッドに仕上がっていますよ。

 

そんなオデッセイハイブリッドですが、もう既に無限製のマフラーが発表されているんですよね。

まだ無限が開発中なのですが、発売は2016年の5月上旬を予定しているそうです♪

こちらがそのオデッセイハイブリッド用のマフラーです。

オデッセイハイブリッド用無限マフラー

オデッセイハイブリッド用の無限マフラー、楽しみですよね^^

 

一方、オデッセイのアブソリュート用の無限マフラーは左右の2本出しです。

オデッセイアブソリュート用無限マフラー

オデッセイアブソリュート用無限マフラー装着

とても迫力満点のデザインですよね。

しかしながら、大変残念なことに、オデッセイの無限マフラーではリアバンパーを改造する必要があるんですよね。。。

ノーマルのリアバンパーのままでは、アブソリュート用もハイブリッド用も装着できません。

お気を付けを^^

 

【フィットの車検費用を格安にする方法はこちら。】

>> フィットの車検の費用でディーラーより安く!相場や見積もりでおすすめは?



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

我慢してマフラーカッター

外観的なドレスアップが目的でマフラーを改造するのであれば、マフラーカッターもアリですよね。

最初にも紹介しましたが、フィットの標準装備のマフラーは細く、リアバンパーの陰に隠れてしまいます。

しゃがんだりして、覗きこまないとマフラーが拝めない状態ですよね。

 

フィットの後ろ姿をカッコ良く見せるためだけが目的なら、マフラーカッターで十分でしょう。

排気効率やエキゾーストノートといった性能面にはまったく効果が期待できませんが、エクステリアデザイン的には迫力満点にできます。

走り去る時の後ろ姿は、クルマにとって重要ですからね^^

 

とはいっても、見せかけだけの改造ということもあって、マフラーカッターが恥ずかしいという人も少なくないです。

確かに、先ほど紹介した無限マフラーの価格は、10万円近くもしますしね。

マフラーカッターは、お金をかけずに存在感溢れるリアデザインにしたい人向けですよね。

 

そして、将来的には、電気自動車や燃料電池車が登場してくるワケですが、これらのクルマにはマフラーが要らないですよね。

でも、クルマのマフラーはデザインの一部として多くの人が認めていますから、未来でも飾り目的でマフラーカッターが活躍してるかもしれませんね(笑)

 

【フィットの車検費用を格安にする方法はこちら。】

>> フィットの車検の費用でディーラーより安く!相場や見積もりでおすすめは?



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

ホンダ純正のマフラーか無限マフラーか

今回は、マフラーについて書いてきました。

冒頭で述べたように、フィットの標準マフラーだと迫力に欠けますよね。

というより、通常はほとんど目に見えないのがフィットのデフォルト・マフラーです。

 

ホンダのフィットは一般大衆向けのコンパクトカーではありますが、リアデザインを大きく左右するのがマフラー。

是非、排気効率もエキゾーストノートもレベルアップできる無限のマフラーで、カッコ良く改造しちゃいましょう^^

賛否が分かれますが、改造費が苦しい人にはマフラーカッターもアリだと思いますよ♪

 

理想はシビックタイプRな後ろ姿ですよね^^

ちなみに、シビックタイプRにも、無限製のマフラーが今年2016年5月中旬に発売予定のようですね。

いやぁ~、無限さんは仕事が速いです^^

 

【フィットの車検費用を格安にする方法はこちら。】

>> フィットの車検の費用でディーラーより安く!相場や見積もりでおすすめは?

ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り
ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り



スポンサードリンク

関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ