ラリーチックに仕上げたいホンダフィットRS!

毎日の通勤運転が楽しくなる、ホンダのフィットRS。

一般的に、ラリーで勝てるクルマほど、走りが良質であると言われます。

スポンサードリンク

ホンダと言えばF1のイメージですが、ラリーでは一般道を走ります。

そのため、ラリー仕様なクルマほど、公道ドライバーにフィットする可能性が高いです。

今回は、ホンダのフィットRSとラリーについてです。

ラリーカーが一番良質なの??

ホンダと聞くと、F1のイメージを思い浮かべる人が多いかもしれません。

確かに、今はサッパリかもしれませんが、昔は最強でしたから。

そして、F1では、超強化したマシンで、専用サーキットをブイブイ走るワケです。

 

対して、ラリーでは一般公道を使います。

さらに、市販のフツーのクルマを改造して、ラリー用に仕上げます。

そのため、スペックに大差があったりはしますが、ラリーカーの源流は市販のノーマルカーです。

 

つまり、「一般公道+市販車」がスタート地点となるワケです。

このような理由もあって、「ラリーで良い走りができるクルマほど、良質である」と言われます。

特に、ヨーロッパではこの考えが浸透しています。

観客数という視点から見ても、F1よりもWRCの方が大きいです。

(ちなみに、World Rally Carの略でWRCです♪)

 

ところで、WRCと聞くと、ミスファイアリングシステムを連想してしまいます(笑)

頭文字Dの走り屋チーム、エンペラー(あのランエボ軍団)のヘッドの須藤京一さんの印象が強過ぎます。

作中での名セリフが非常に多い須藤さんですよね^^

須藤京一

例えば、

  1. 「俺のエボⅢは曲がるっ!!」
  2. 「タイヤの負担をコントロールしてこそ一流。。。普通のことを普通にこなして、勝つのみだっ!!」
  3. 「このバトルで初めて繰り出すフェイントモーションからのこのアグレッシブなドリフトは、俺が勝負を決めにいくという意思表示だぜっ!!」
  4. 「長いストレートとはお世辞にも言えないが、ハチロクを振り切るには十分だっ!!」

あたりでしょうか。

私が一番気に入っているのは、3番目のセリフです♪

いやぁ、シビれまくりです^^



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

スポンサードリンク

装備-ラリーカー

話が頭文字Dに逸れましたが、ラリーカーの装備について触れたいと思います。

 

まずは、ロールゲージ。

これが無いと、やはり、恐いでしょう。

ラリーではコンマ1秒を競い合うワケですから、アクシデントでのドライバーの安全性をしっかり確保したいところ。

というより、ルールでロールゲージの装備が義務付けられています。

ちなみに、社外品でフィットに装備できるロールゲージが出ていますよ。

 

続いて、装備を外すことによる軽量化。

リアシートを取っ払って、車両重量を軽くしちゃってもオーケーです。

車内の内張りを交換したり、遮音材も外すこともあるようですね。

 

そして、アンダーガード。

ラリーでは、舗装された道もあれば、砂利道・雪道といった様々な環境を全開で爆走します。

クルマの裏側は、過酷な環境に常にさらされるワケです。

そのため、エンジンやトランスミッションの保護が必要ですよね。

 

また、サスペンションの強化。

荒れがヒドイ路面を容赦なく走り、ギャップを乗り越え。。。というラリーです。

そのため、サスペンションへの負担が大きいです。

 

激しいラリーなワケですから、その他いろいろと必要な装備がたくさんあります。

 

ちなみに、競技中の火災対策用に、消火器を車両に搭載する義務もあります。

このような過酷な競技であるラリーに、一般車両を元にしたクルマで挑むワケですよね。

やはり、ラリーでの質がそのクルマのクオリティーである、と言えそうですよね^^

 

さらに、ラリーのクルマの足は硬いというイメージがありますが、それは間違っているようです。

硬すぎると、ラリーでは逆に走りにくいみたいですね。



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

ラリーの起源

さて、ラリーの起源って何かご存知ですか。

ラリーは、もともとの英語の意味としては、「呼び集める」「結集する」「再び呼び集める」という意味です。

要するに、「集まる」というイメージの言葉です。

 

別々の場所から、ある一箇所に集まる催しごとの原型のようです。

なんと、ラリーの起源は中世にまでさかのぼり、「騎士たちが戦争を始める前に拠点となる城に集まる」という意味がもともとあったようです。

そして、戦争が無い時でも、君主の元へ早くたどり着くのを競い合う競技があり、これが今のラリーにつながったようです。

面白い起源ですよね^^

ただし、当時は、クルマが無いですから、馬で競い合ってました。

 

で、クルマでの競技としてのラリーは、モナコ公国で行われた「ラリー・モンテカルロ」が最初の原型(1911年)のようです。

この時に、今のラリー競技を形作られたとのことです。

今現在も、ラリー・モンテカルロは世界の3大レースの1つであり、イベント主催はモナコ自動車クラブです。

奇しくも、モナコ自動車クラブがF1のモナコ・グランプリも主催しています。

 

ちなみに、ラリーで限定すると、

  1. ラリー・モンテカルロ
  2. ウェールズ・ラリーGB
  3. サファリラリー

が世界3大ラリーとして数え上げられています。



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

ホンダのラリーチーム

ラリーについて書いてきましたが、残念ながらホンダには4輪でのラリーチームはありません。

けど、2輪の方では、Team HRCとしてラリーに参加しているようですね^^

2輪では、つい先日にダカールラリーを終えたばかりのようで、次のレースを見据えている状態のようです。

ホンダはもともと2輪のメーカーでしたから、頑張ってほしいですよね^^

 

4輪のラリーの方は、ホンダがF1へ集中していることもあって、過去も今も未来も参加は薄そうです。

トヨタは2017年からWRC(世界ラリー選手権)に復帰するようですが。。。



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

フィットのラリーカスタム

ラリーは一般道で開催されるということで、ラリーチックな仕様のフィットが欲しくなってきたところ。

ところが、ホンダはラリーにはそこまで興味が無く、F1への熱意でいっぱいのようです。

 

ただ、ホンダオーストラリアでは、2012年にボッシュの主催によるオーストラリアラリー選手権に参戦していたようです。

しかも、フィット(向こうでは名称がジャズですが)をベースに、ラリー仕様に仕上げたマシンで挑んだとのことです。

フィット2-オーストラリアラリー

その名も「Honda Jazz G2」で、エンジンスペックは、

  • 4気筒で排気量2.0L
  • 最高出力245ps
  • 最大トルク193Nm

といった感じです。

無限さんがチューンしたようですね。

 

ちなみに、こちらがプロモーション動画です^^

泥を跳ねあげながら、走る姿にワクワクしちゃいますね^^

最高に楽しい泥遊びです。

 

で、このラリー仕様のフィットは、2代目フィットです。

こじんまりでも良いので、ホンダには現行のフィットRSをベースに、ラリーにも参戦してもらいたいものです。

F1よりも、ラリーで活躍した方が企業イメージや販売促進をアップできそうですが、どうなのでしょう。

やはり、ホンダの企業方針的に、F1が一番フィットするのかもしれませんね^^

 

ということで、今回は、ラリーを中心に書いてきました。

2017年は、トヨタがWRCに復帰するので、日本人としてラリーでのトヨタの活躍を期待したいところです^^

ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り
ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り



スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ