ポリマー加工は自分にフィットする?ホンダカーズでも多種類あるコーティング!

詳しく知りたいポリマー加工、自分のニーズにフィットしてる?

しかし、コーティングとはいっても、ポリマー加工の他にいくつもの種類があります。

スポンサードリンク

ホンダカーズでもたくさんのメニューがあり、それぞれの特徴はすぐ掴めないもの。

でも、愛車フィットを末永く綺麗に保ちたいですよね。

そこで、コーティング全般についてまとめてみました。

輝くダイヤ

ホンダカーズでも可能なポリマー加工とは??

さて、ポリマー加工と聞くと、

 

愛車のボディを美しく保つ

 

イメージがありますよね。

確かに、艶や輝きのあるボディに仕上がりますし、綺麗な愛車を眺めるのは心の拠り所です^^

私も、愛車フィットRSにガラスコーティングを施工してあるのですが、

 

見ていて惚れ惚れしい♪

 

です^^

やはり、愛車がピカピカ輝いていると、気持ちイイですよね。

特に、運転席に乗り込む前だと、ドライブ前の自分のテンションがガッツリとUPします。

見た目って、とても重要ですよね^^

さらに、洗車もかなりラクチンですので、掛けたお金以上の価値が手に入っているかと思います♪

 

でも、ここで、

 

ポリマー加工?

ガラス系コーティング?

ペイントシーラント?

 

何がどう良くて、欠点は何なの???

 

となる人が少なくないと思います。

私も、すぐには全種類の違いやメリットを答えることはできませんでした。

全ての特徴を把握していない人って、あまりいないと思います。

曖昧に区分されていたりしますし、お店や業者によって表現の仕方も変わりますし。。。

 

で、そのような中で、ホンダカーズや別のお店で、

 

コーティングはいかがですか??

 

と勧められるかと思います。

コーティングの価格も安くないので、断る人も多いと思いますが、コーティング施工をやってみたい人もたくさんいると思います。

やはり、それぞれのコーティングがどういった特徴を持っていて、気を付けるポイントは何なのか等を掴んでおきたいところ。

 

そこで、今回は、

  • ポリマー加工
  • ペイントシーラント
  • ガラス系コーティング
  • フッ素系コーティング

についてまとめていきます♪

 

では、次の小見出しから、それぞれのコーティングの特徴をガッツリ説明していきます^^



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

スポンサードリンク

ポリマー加工など、どれが愛車にフィットする??

まず、はじめに、コーティングの種類の分類を説明しますと、

  1. 油脂系
  2. 樹脂系
  3. ガラス系
  4. ガラス

とがあります。

 

この時点で結構ややこしいですよね。。。

 

ガラス系?? ガラス?? 違うの??

 

ってなります。

気を取り直して、順次述べていきますね^^

 

「油脂系」

その名の通り、です。

ことわざで、「水と油」というものがありますが、水と油は混ざらないですよね。

つまり、油脂系コーティングでは、油が水をはじくのを利用しているワケです。

いわゆるワックス・コーティングとなります。

 

特徴をリストアップしてみますと、

  • 安いし、素人でも施工できる
  • 艶と輝きが手に入る
  • 光の反射により、小さな傷が目立ちにくい
  • 撥水性〇
  • 耐久性×⇒劣化しやすく、小まめなメンテが必要
  • 紫外線×⇒屋外保管は避けたい

安価ではありますが、早いペースのメンテナンスが必要ですし、クルマをずっと触っていたい人向けと言えます。

 

「樹脂系」

続いて、樹脂系コーティングについてです。

樹脂ということで、高分子化合物(イオンや分子による結合)を用いています。

ポリマー加工は樹脂系ですよね。

 

ここで、ポリマー=polymerであり、

  • 重合体⇒ポリマー
  • 単量体⇒モノマー

となります。

モノマーがたくさん結合し、できあがったのがポリマーとなります。

 

そして、樹脂系では、

  1. ポリマー系のコーティング
  2. ペイントシーラント

に大きく別れます。

 

「ポリマー系のコーティング」

  • ワックスよりは安い
  • 艶と輝きは当然ある
  • ワックス・コーティングより長く持つ(長くて6ヶ月キープ)
  • 当然、定期的なメンテナンスが必要

「ペイントシーラント」

  • 外駐車では長くて1年、中駐車では長くて2年キープされる
  • 汚れが付着しにくいし、落ちやすい
  • 基本的に、水と手で洗う
  • 定期的にメンテナンスは必要

 

となります。

こちらの記事もおすすめです。

ペイントシーラントはおすすめ?ホンダフィットをピカピカに!

 

「ガラス系コーティング」

少しややこしいですが、

  1. ガラス繊維が樹脂系に混ざっている
  2. 他の成分がガラスに混ざっている(※フッ素系はこれに含まれます)

ようなタイプのコーティングとなります。

 

クオリティー的には、2番の方が良い傾向にあります。

 

では、ガラス系コーティングの特徴を挙げてみますと、

  • 施工価格は高い
  • ポリマー加工よりも長持ち(6ヶ月から1年)
  • メンテナンスが必要
  • 新車ディーラーよりも、コーティング専門店向け

となっております。

 

「ガラスコーティング」

現段階で、形成される被膜が一番頑丈なコーティングです。

特徴としては、

  • 施工価格が高い
  • 3年などの長期間キープできる
  • ツヤはあるが、自然な仕上がり(油分が含まれないため、輝きに物足りなさを感じる人も。。。)
  • 傷や汚れがボディにつきにくい
  • 頑丈な被膜なため、はり直しがすぐできない

といった具合です。

 

お店でもガラス系コーティングとガラスコーティングを、しっかり区別していないことがあるかもしれませんね。



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

新車向けのホンダのコーティング

では、ホンダカーズで新車向けに用意されているコーティングメニューに少し触れてみます。

新車向けとしての種類は3つあり、

  1. ブライトポリマー
  2. ウルトラグラスコーティング
  3. ウルトラグラスコーティングNEO

があります。

 

「ブライトポリマー」

これは、ポリマー加工で樹脂系かと思いきや、

 

フッ素樹脂がベース

 

なようです。

やはり、いろいろと線引きがあいまいだったりしますね。

 

で、水洗いでオーケーであり、5年間の保証が付いています。

そして、

  • 半年間ごとのお手入れ(付属のキットを使用)
  • 1年ごとの無料定期点検

といった具合にメンテナンスが必要です。

 

「ウルトラグラスコーティング」

ボディの色が濃い目のクルマにピッタリなコーティングとのことです。

そして、低撥水性のコーティングで、セルフクリーニング効果があるようです。

低撥水性ということで、水をはじくというよりも馴染むようです。

大量の水によって、汚れを落としやすくなるとのことです。

年1回の無料点検を受けていると、5年の保証をしてもらえるみたいです。

 

「ウルトラグラスコーティングNEO」

こちらは「ウルトラグラスコーティング」とは異なり、撥水性が高いようです。

そして、被膜の頑丈さも強いようです。

なので、傷や汚れにめっぽう強いコーティングですよね。

 

以上が、ホンダカーズで施工できる新車向けのコーティングとなります♪



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

愛車フィットRSにガラスコーティングしてみた感想

最後に、ガラスコーティングの私の個人的な感想をまとめたいと思います。

ホンダカーズで施工したワケではなく、別のお店でやって頂いたのですが、

 

凄く良いです^^

 

やはり、水洗いだけでサクッと汚れが落ちますし、雨が降った後はボディがキラキラします。

ポリマー加工ではメンテナンスの周期が短いですし、被膜の劣化が早いですが、ガラスコーティングは長持ちします。

ただし、まだ施工してから3年も経過していないですし、メンテナンスのペースがホントに長くなるのかはわかりません。

 

愛車のフィットRSが毎日キラキラと眩くて、幸せです♪

ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り
ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り



スポンサードリンク

関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ