軽量アルミホイールでホンダフィットを改造!サイズは?

気軽に交換できるパーツと言えば、ホイールなどがありますよね。

特に、軽量なアルミホイールで、フィットの性能はもっと向上します。

スポンサードリンク

そして、ホンダと言えば、NSXのアルミボディの実現で超有名です。

また、アルミホイールの交換となると、サイズなどに注意しなくてはなりません。

今回は、フィットのアルミホイール改造についてです。

フィットアルミホイール白

そもそもアルミホイールの利点は?

アルミホイールと聞くと、アルミ製ということで「スチール製のモノより軽量」というイメージを持たれる人が多いですよね。

当然、アルミは鉄より軽い材質です。

なので、クルマにアルミホイールを装着すれば、「4輪のホイールが軽くなって燃費が向上するだろう」という結論に至ります。

しかしながら、「必ずしも燃費が良くなる」というワケにはいかないことも多いのです。

私も最初知った時は、「なにっ!!」って目から鱗でした(笑)

この記事タイトルにも「軽量」というワードが入っていますが、けっこうズレています。

 

ショップの看板や広告では、アルミホイールの軽さのメリットを謳っていることが多々あります。

でも、実は、アルミホイールがスチールホイールより重いことがよくあるのです。

「何じゃそりゃっ!!」

ですよね(笑)

 

多くの人のイメージでは、「アルミホイールは軽くて、燃費向上に貢献する」となっていますから。

ですが、アルミの強度や疲労特性を考慮すると、安全性を十分に確保するためにアルミホイールの方がスチールホイールよりも重くなってしまうケースもあるのです。

確かに、そう言われてみると腑に落ちます^^

また、その状態でインチアップしてあったりすると、当然、もっと重くなりますしね。

 

じゃあ、アルミホイールがスチールホイールより重い、もしくは同等となるとすると、なぜアルミホイールの方がクルマに良いのかが気になりますよね。

アルミホイールによる本当のメリットって、

  • タイヤの追従性やハンドリングの軽快性(←スチールより断然軽い場合)
  • 耐腐食性
  • ブレーキ熱の冷却性

なのです。

車輪の重量が軽くなって燃費が良くなるというメリットは、巷で思われているよりも少ないかもということです。

また、2番目の腐食というのは、いわゆるサビです。

つまり、サビにくいというメリットがアルミホイールにあるのです。

やはり、サビがあると外観的にイヤですよね。

強度も低下しますし。

 

さらに、アルミホイールには、ブレーキ時に発生する熱の放熱性もアップするメリットがあります。

これは、スチールよりもアルミの方が、熱伝導性などが良いためです。

坂道でブレーキを多用しなければならない時、念のためアルミホイールだと嬉しいですよね^^

 

このように、アルミホイールの燃費向上というメリットは、必ずしもそうではなかったようです^^



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

スポンサードリンク

アルミボディと言えばホンダのNSX

NSXアルミボディ

ところで、アルミといえば、ホンダのスーパーカーNSXですよね。

昔、NSXが初登場したころ、オールアルミボディの技術は革新的でした。

NSXのオールアルミボディに世界中が驚愕したワケです。

世界初の偉業でしたからね^^

そして、このNSXのオールアルミボディの目的は、「軽量化」と「高剛性」です。

なんと、ボディ重量はわずか210kgくらいだったという。。。

さらに、もしスチールボディであった場合は、同じサイズで140kgも重くなってしまっていたそうです。

こういった話がよく取り上げられるので、アルミホイールについても軽量化のイメージが強く残ってしまうのでしょう。

 

ただし、今では、オールアルミボディを採用するクルマはたくさん出ていますよね。

初代インサイトなんかも、超軽量アルミボディでしたし。

しかし、現在のクルマ業界では、オールアルミボディから複合素材ボディへと進化して行っています。

 

次期新型NSXも複合素材ボディが採用されています。

アルミニウムであったり、超高強度な鋼板であったりが、ボディのパーツとして使われているのです。

さらに、フロアにはCFRPが採用されるそうです。

CFRPとは、Carbon Fiber Reinforced Plasticsの略です。

「何それ??」

ってなりますよね^^

CFRPは日本語で、炭素繊維強化プラスチックです。

これは、プラスチックを炭素繊維を用いて強化した素材です。

わかりにくいですよね。。。

とりあえず、このCFRPのスゴイところは、

丈夫で軽いっ!!

です。

「なんか最強の素材じゃんっ!!」って思えますよね^^

 

そして、CFRPが活躍しているのは、

  • ゴルフクラブのシャフト
  • 釣り竿
  • 航空分野
  • 自動車
  • 自転車のフレーム
  • 建築などの耐震補強
  • 楽器のケース

(引用元:炭素繊維強化プラスチック-Wikipedia)

というように、かな~り広い分野で活躍している素材です♪

カーボンやカーボン樹脂と呼ばれることが多いようです。

ゴルフやサイクリングをされている方々だと、「カーボン超イイよっ!!」と何度か聞いたことがあると思います。

歴史的には、スポーツ用の道具(ゴルフや釣りなど)で活躍し始め、自動車・自転車・飛行機・建築などへと大きく展開していったとのことです。

さらに、驚くのが楽器のケースまでにも使われていることです。

やはり、楽器自体が重いですし、衝撃に弱いことも考えると、CFRPは楽器ケースにピッタリですよね。

ホントにいろんな分野で使用されているんですね^^

 

また、CFRPは樹脂材料に分類されるようです。

こういった樹脂材料は、これからの軽量化の技術としてかなり注目されているそうです。

特に、今現在だと、鉄とアルミ合金の使い分けで30%ほどの軽量化まではできそうとのことです。

そこで、さらなる軽量化のために、CFRPなどの樹脂に着目されているのです。



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

フィットのアルミホイールサイズ

少し脱線しましたが、アルミホイールの話に戻ります。

で、やはり、スチールホイールよりも、アルミホイールの方が機能的にも精神衛生的にも嬉しいですよね。

ここで、フィットにアルミホイールを履かせる場合についてまとめてみます。

(購入時の標準装備とメーカーオプションのケースです。)

 

「HYBRID(ハイブリッド)」

  • FパッケージとLパッケージ•••15インチアルミホイール(タイヤは185/60R15 84H)
  • Sパッケージ(FF)•••16インチアルミホイール(タイヤは185/55R16 83V)
  • Sパッケージ(4WD)•••15インチアルミホイール(タイヤは185/60R15 84H)

「13G(1.3Lガソリン)」

  • Sパッケージ(FF、4WD)•••15インチアルミホイール(タイヤは185/60R15 84H)

「15XL(1.5Lガソリン)」

  • 15インチアルミホイール(タイヤは185/60R15 84H)

「RS」

  • 16インチアルミホイール(タイヤは185/55R16 83V)

という感じです^^

 

上記に該当しないフィットは、標準装備やメーカーオプションではアルミホイールは用意されていません。

なので、別でサイズなどを確認して、アルミホイールを履かせる必要があります。



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

注意点-アルミホイール

最後に、アルミホイールをフィットに履かせる場合(フィット以外のクルマでもそうですが)の注意点についてです。

まず、フィットに適しているアルミホイールのサイズなのかどうかを、ディーラーなどでしっかり確認してもらうことですよね。

そして、やはり、安心なのはホンダ純正であったり、無限などから販売されているフィット専用設計のアルミホイールを選ぶべきですよね^^

 

ですが、アルミホイールなど値段がけっこう張りますよね。

そこで、中古でのアルミホイールを検討される方も多いかと思います。

その場合、歪みであったり、外観のチェックが必要ですよね^^

また、中古ですと、ナットを別で手に入れなければならないケースもあるかと思います。

この場合、ホイール-ナット間で接する部分が、テーパーなのか、球面なのか、平面なのかをしっかり確認する必要があります。

このチェックを怠り、適切でないナットでホイールを装着すると、ナットが緩みやすくなって大変危険です。

そもそも、接合面が変形してしまう可能性もありますしね。

 

今回は、アルミホイールやボディの軽量化技術などに触れてみましたが、興味深いことばかりで、クルマって面白いですよね^^

ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り
ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り



スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ