カーメイトがフィット用ホンダ純正ワイパーサイズに対応?

運転中の視界確保に重要なワイパー。

消耗品なので交換する日が必ず訪れますが、困るのがワイパーサイズ。

スポンサードリンク

フィット用にホンダアクセスが純正ワイパーを販売していますが、カーメイト製ワイパーもサイズ対応したようです。

クルマにピッタリとフィットする必要がある大事なワイパーサイズ。

今回は、ホンダフィットのワイパーについてです。

カーメイト製のフィット対応ワイパー

何気なく装備されているクルマのワイパーですが、雨の日などに大活躍ですよね。

ワイパーが無ければ、悪天候時は事故やトラブルのオンパレードで危険でしょうがないでしょう。

そんな大事なワイパーですが、普段は常に車外で、雨・雪・風・直射日光とダメージを受けまくっています。

季節の変化も容赦なく、四季がある日本では夏の高温と冬の低温ですしね。

ワイパーブレードはゴムなので、このようにどんどん経年劣化していきます。

なので、ワレができたり、ヒビが発生したりすることでしょう。

そして、劣化とともに、水はけが悪くなったり、ウィンドウへの突っかかりが目立つようになるでしょう。

また、基本的にワイパーの交換は1~2年サイクルです。

 

で、交換の時期を迎えると、適合サイズのワイパーブレードを入手する必要があります。

ちなみに、ホンダの純正では、フラットワイパーが急増しているようです。

そこで、フラットワイパーの技術に定評のあるカーメイトさんから、ホンダ純正サイズと適合するワイパーブレードが販売されています。

加えて、ホンダだけでなく、トヨタ用とダイハツ用のワイパーも車種ごとにわかりやすく販売されています。

 

このホンダ純正のワイパーと適合する社外品を出したのは、カーメイトさんが業界初だそうです。

しかも、交換がしやすく、撥水性能もバッチリのようです。

やはり、ウィンドウに付いた水滴をキレイさっぱりと弾いてくれるのは、運転する側からすると非常に嬉しいですよね^^

ここで、けっこう意外なのですが、ワイパーはウィンドウの水滴をふき取ったり、弾いたりしているワケではないんですよ。

なんとウィンドウ表面上に、膜を作っているそうです。

この水の膜が均一になることで、視界が確保されています。

ワイパーによってふき取る・弾くようなイメージですが、均一な水膜の形成とは意外な事実ですよね。

 

さらに、カーメイト製では、フィット用やヴェゼル用、ステップワゴン用というように、各車種で専用に包装してあるので、間違うことなく正しいワイパーブレードを選べます♪

「何cmのサイズのワイパー」というように探すのは、間違いやすいですし、何かと面倒ですよね。

サイズを間違えると、けっこう痛いですから。

車種別パッケージはとても助かりますよ^^



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

スポンサードリンク

サイズは??カーメイト製ワイパー

ということで、カーメイトさんのフィット用のワイパーについてまとめてみます。

 

まず、フィット3用ではありますが、同時にグレイスにも適合するワイパーブレードのようです。

販売形態としては、運転席側と助手席側を一緒にした2本売りとなっています。

そして、サイズは、

  • 高さ・・・10 mm
  • 幅・・・5 mm
  • 長さ・・・650 mm(運転席)、350 mm(助手席)

という感じになっています。

 

また、撥水効果やビビリ音に強いシリコンラバーで作られています。

大雨の日は、雨音がとても大きいので気にならないかもしれませんが、普段はビビリ音が鳴るのはとても気になるところ。

経年劣化やウィンドウの状態によって、ビビリ音が発生するので、ビビリ音が出にくいのは嬉しいですよね^^

ちなみに、ホンダの標準ワイパーでは、シリコンラバーが使われておらず、カーメイト製の方に分があるかもしれません。

さらに、5分~10分ほどワイパーを作動させてあげると、ウィンドウに撥水コートを施してくれるようです♪

 

やはり、ワイパーにしても純正品だけでなく、カーメイトさんのような競合となる社外品の存在って大切ですよね^^

ユーザー側の選択肢が増えるのは、嬉しいことです。

 

一方で、シリコンラバーの他に、グラファイト・ワイパーなるモノもありますよね。

最近のブームの1つである炭素が使われています。

クルマのボディにも、軽量で丈夫なカーボン(炭素)が採用されつつあります。

スポーツカーではアルミ合金と同じく、積極的に採用されていますよね。

新型NSXでも、カーボン製のパーツをオプションとして採用するようですし、これからもっと普及してきますよね。

ワイパーの方も、炭素微粒子によって水滴をしっかり弾きやすく、作動させた時の静粛性とスムーズさがウリになっています。



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

ホンダ純正ワイパーのサイズやスペック

続いて、ホンダアクセスが販売している純正のワイパーブレードについてです。

 

こちらは、撥水タイプとスノータイプの2種類があります。

撥水タイプは、撥水ガラスコートが施工されたフィット専用のようですね。

一方で、スノータイプでは、雪が降っていても、すんなりと視界確保ができるようです。

 

で、撥水タイプのワイパーブレードの価格は、

  • 運転席側・・・2,052円
  • 助手席側・・・1,728円

と単品だけでの購入になっています。

フィットには、ガソリンタイプやハイブリッドタイプ、RSタイプといろいろと種類が豊富ですが、ワイパーに関しては全タイプ共通です。

 

そして、スノータイプの価格では、

  • 運転席側・・・7,020円
  • 助手席側・・・3,780円
  • リア側・・・4,104円

というように、撥水タイプのワイパーと比べると、価格が跳ね上がっています。

ちなみに、リア側に関しては、フィットハイブリッドと排気量1.3Lのガソリンタイプのフィットに装備不可のようです。

このように、スノータイプは価格が張るということもあってか、セットでの購入ですと、

 

14,904円⇒11,923円

 

とほぼ3,000円安くなります^^

ホンダアクセスでは、こんな感じのセット価格やパッケージ価格でお得になることが多いですよね♪

ホンダフィットのワイパーサイズ

もしかすると、フィットユーザーの中には、自分でDIYとしてワイパーゴムを加工する人もいらっしゃることでしょう。

フィットのワイパーサイズはカーメイトさんの製品を参考にすると、

  • 高さ・・・10 mm
  • 幅・・・5 mm
  • 長さ・・・650 mm(運転席)、350 mm(助手席)

というようなサイズになっています。

 

ワイパーは消耗品ですし、雨が降らず使う頻度が低くても、経年劣化で使い物にならなくなります。

水滴の弾きが悪くなったり、ビビリ音が出まくったりするのは、かなりイライラします。

安全運転に大きく影響を与える部分ですし、メンテナンスを大事にしたいところ。

ワイパーと言えども、あまりにもヒドイと車検にも響きます。

1~2年ほどの交換サイクルですから、誰しもが通る道ですよね。

 

そして、ホンダ純正のワイパーもあれば、カーメイト製のワイパーもあります。

現在では、ホンダ車全般のワイパーをカーメイトも扱っていますので、フィット以外のヴェゼルやジェイドなども社外品のワイパーを購入可能です。

ちなみに、社外品でのホンダ車用ワイパーは、カーメイトが業界初のようです。

競合他社の存在は、品質競争につながりますし、良いことですよね。

この際、思い切って、社外品にしちゃうのもアリでしょう^^

ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り
ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り



スポンサードリンク

関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ