足元にフィットするホンダ純正アルミペダルでスポーティに!

フィットの運転席に乗り込む際に、視線が行くペダル。

アルミ製のスポーツペダルだと、テンションが上がります。

スポンサードリンク

ホンダアクセスから純正のアルミペダルが販売中。

また、ホンダのフィットやヴェゼル、シャトルには、ステンレス製スポーツペダルのオプションが用意されています。

今回はホンダ車のアルミ/ステンレス製ペダルについてです。

運転席の足元

アルミやステンレス製のペダル-ホンダのオプション

ドライバーとして運転席に乗り込むとき、スポーティーなコクピットだとテンションが上がりますよね。

たとえ、スポーツカーではない、ホンダのフィットであってもスポーツ製ペダルだとワクワクします^^

オーソドックスなノーマルタイプのペダルとは、これまた一味違った楽しみがありますよね。

安定のノーマルペダルも良いのですが、

 

運転席に輝きと深みをもたらす足元のペダルは素敵

 

です。

 

でも、アルミ製やステンレス製のペダルと言っても、機能面ではこれと言って何か特別なワケではないです。

確かに、滑りにくいグリップがペダルに付いてはいますが、やはり、外観的なカッコ良さを求めた装備でしょう。

まぁ、ノーマルのペダルだと、表面にグリップ性のものが無いので雨の日は滑りやすいですけどね。

※ただし、スポーツペダルであっても、雨の日などは若干滑りやすいなと感じることはあります。

 

そして、私のフィットRSのペダルも、ステンレス製のスポーツペダルでして、

  • アクセル
  • クラッチ
  • ブレーキ

がキラリと輝いています^^

毎日のドライブで運転席のドアを開けて乗り込む際、ドライブモードに自分の体と心が切り替わってシャキッとします。

「他のフィットとは違うぞ」というような印象がヒシヒシと伝わってきますよ♪

 

気持ちの面で乗り手にワクワク感を与えるパーツの1つがスポーツ性のペダルと言えるでしょう^^

ステンレス製のペダルは、ホンダ純正オプションとしてフィットRSやSパッケージ(HYBRIDの)にしか用意されていない装備ですしね。

※他のパッケージでは、後述のホンダアクセス製のアルミ・スポーツペダルがあります。

 

ということで、フィットのアルミ/ステンレス製ペダルや、シャトル・ヴェゼルのペダルについて、いろいろ書いていきたいと思います♪



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

スポンサードリンク

ステンレス製スポーツペダルのフィット

では、まずはステンレス製のペダルについてですが、

 

フィットRSと、HYBRIDのSパッケージのみ

 

に用意されたホンダのオプションです。

このオプションでは、ステンレス製スポーツペダルだけでなく、

 

RSシート&RSインテリア

 

もセットで装備されます。

つまり、フィットハイブリッドであっても、インテリアが完全にRS仕様というワケです。

ブラックを基調にしたシートなどに、オレンジのラインが映える専用デザインですよね。

 

ペダルなどの運転席の足元も含め、インテリア全体がスポーティーと言えるでしょう^^



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

ヴェゼルのリアクティブフォースペダル

ここで、アルミペダルやステンレスペダルから離れて、ヴェゼルに装備可能な、

 

リアクティブフォースペダル

 

について述べていきたいと思います。

 

このリアクティブフォースペダルの役割は2つあって、

  • エコなドライブを促進
  • 路面状況に応じたアクセルワークのサポート

があります。

 

まず、エコドライブのサポートについてですが、燃費に良いアクセル操作から外れた時(踏み込み過ぎなど)、

 

反力によって、踏み込み過ぎを抑制

 

してくれます♪

違和感なく、エコなアクセルワークへとシフトしてくれるようですね^^

 

続いて、路面状況に応じたサポートについてですが、

 

雪道での踏み込み過ぎ(タイヤのグリップ限界を超える時)

 

の状態を抑制します。

そのため、安心感をドライバーに与えてくれる機能とも言えるでしょう。

 

さらに、ホンダセンシングを装備しているヴェゼルであれば、

  • CMBS(衝突軽減ブレーキ)
  • 誤発進抑制機能

が作動した際に、

 

アクセルペダルがブルブルと振動

 

して、警告をしてくれます。

 

運転のサポートだけでなく、安全運転支援の役割も果たしてくれるのが、リアクティブフォースペダルと言えるでしょう^^

アクセルペダルに新たな機能が追加されてきたワケですが、これからもクルマの進化と共にペダルも進化していくことでしょうね。

 

まとめると、

  • エコで燃費に優しく
  • タイヤのグリップ限度を超えないように
  • 危険性を警告(ホンダセンシング装備の場合)

してくれる高性能なアクセルペダルです。

 

フィットやシャトルでも、次のマイナーチェンジあたりで、このリアクティブフォースペダルが装備されると良いですね^^

あと、忘れてならないのが、ホンダセンシングが追加で装備できるようになること。

いつホンダセンシングがこれらの車種に装備できるようになるか、とても楽しみでしょうがないです♪



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

振動するホンダセンシングのステアリング

アクセルペダルが進化していると同時に、

 

ステアリングも進化

 

していますよ^^

これもホンダセンシングを装備したクルマのみですが、

 

危険を察知すると振動

 

してくれます♪

具体的な機能としては、ホンダセンシングの、

 

路外逸脱抑制機能

 

です。

この機能では、ヴェゼルが車線を逸脱しそうになった時、

 

ブルブル振動

 

してくれます。

ペダルだけでなく、ステアリングも振動する系へと進化していっているようです。

ドライバーがよそ見をしている時や、ウトウト居眠りしかけている時に効果がありますよね。

 

さらに、振動だけでなく、車線を戻し直すようにステアリングが自動制御されますよ。

実際に実験してみたい機能ではありますが、公道では恐くて挑戦しにくいですよね。



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

フィット、シャトル、ヴェゼルのアルミペダル

最後に、ホンダアクセスから販売中のアルミペダルについてまとめてみたいと思います。

 

「フィット」

  • CVTやハイブリッド用・・・価格:10,800円
  • 5MT用・・・価格:12,960円

となっています。

こちらも基本的には、ドレスアップが主目的な改造パーツです。

ちなみに、フィットRSや、フィットハイブリッドのSパッケージでは、ステンレス製のスポーツペダルとなるので、このアルミ製のスポーツペダルは用意されていません。

 

「シャトル」

シャトルのアルミ製スポーツペダルの場合は、価格が10,800円です。

駆動方式がCVTとハイブリッドしかないシャトルなので、どのパッケージ用にも使えます。

ただし、シャトルの特別仕様車スタイルエディションでは、ステンレス製のスポーツペダルが標準装備されています。

なので、特別仕様車には、このアルミ製スポーツペダルは必要ないかもしれませんね。

 

「ヴェゼル」

ヴェゼルにもシャトルと同じく、10,800円の価格でアルミ製スポーツペダルが販売されています。

そして、ヴェゼルのRS仕様(ハイブリッドもガソリンも)ですと、標準装備でステンレス製スポーツペダルとなります。

 

以上のように、フィットにしろ、ヴェゼル・シャトルにしろ、スポーツペダル(ステンレス or アルミ)を装備することができるので、スポーティな運転席は容易に実現可能です^^

 

ドライブ前のテンションUPと、滑りにくいペダルなので、おすすめです♪

 

ちなみに、残念ながら、無限製のフィット3用スポーツペダルは存在していないようですね。

ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り
ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り



スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ