POLEとは?ホンダ車フィットのコーナーPOLEやPOLE POSITION!

クルマのPOLEって?

初心者からすると、「POLEとは何を意味するの?」といった感じですよね。

ホンダ車でも、フィットをはじめ、コーナーPOLEなるものを装備できます。

スポンサードリンク

一方、レースなどで使われる「POLE POSITION」という言葉もあります。

今回は、ホンダのフィットのPOLEやその他に特化して書いていきます。

POLE

フィットの運転で大活躍なコーナーPOLE

まず、POLEと言うと、

  1. コーナーポール(クルマのフロントの左端)
  2. ポールポジション(レースの世界でいうスタート位置最前列)
  3. POLE POSITION(ホンダの社内報の名前)

が挙げられます。

 

「3. POLE POSITON」はホンダの社内報の名前であり、

 

マニアックな非売品

 

です。

※Googleで「ホンダ POLE POSITION」で検索すると、ヒットしますよ^^

 

そして、POLE POSITIONには、F1の世界でのスタート位置ですよね。

 

 

↑こちらは、アイルトン・セナの動画です^^

ホンダと組んでF1の世界を席巻したのは有名な話ですよね。

いやぁ、颯爽と駆け抜けていく姿がカッコ良すぎです。

 

とりあえず、最初は「1. コーナーポール」について書いていきます。

 

運転初心者の頃って、

 

クルマと周囲の距離感がわからない

 

ですよね。

車庫入れする時や、狭く入り組んだ道を通る時など、壁や物との距離感がまったく掴めないものです。

慣れるまでは、

 

曲がれそうだけど、ぶつかりそうで不安

 

なシーンにたくさん出くわします。

ある程度経験して運転に完全に慣れてしまえば、余裕で狭い道にも入っていけるようになるんですけどね。

何事もビギナーの時代は、いろいろと大変なものです。

コンパクトなボディのホンダのフィットであっても、運転スタート当初は苦しいと思います。

小回りも利いて運転しやすいフィットではありますが、さすがに初心者ドライバーにはすぐにフィットしないものです。

 

そこで、初心者ドライバーや運転が苦手な人、クルマが得意でも通るのが難しい道を走る時、

 

コーナーPOLE

 

を活用します。

クルマのフロントの左端に、上方向へ伸びた棒をよく見かけますよね。

あれが、コーナーPOLEです。

「コーナー」という言葉が使われているように、

 

曲がる時などに役に立つ

 

アイテムです。

コーナーPOLEがあると、クルマの左フロント部と、障害物との距離感がバッチリつかめますよね。

日本車は右ハンドルなため、左側のフロントは距離感を掴みにくい傾向があります。

特に、運転初心者にとっては、慣れるまではなかなか難しいのではないでしょうか。

 

そこで、お助けてしてくれるのがコーナーPOLEというワケです^^

車種によっては、

 

「POLE」と表記されたスイッチ

 

が見当たるかもしれません。

そのボタンによって、コーナーPOLEのON/OFFができます。

 

ちなみに、私の愛車フィットRSでは、コーナーPOLEは非装備です。



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

スポンサードリンク

壊される恐さもあるコーナーPOLE

左側のフロントの距離感を掴む上で活躍してくれるコーナーPOLEですが、イタズラなどで、

 

折られそう。。。

 

ですよね。

けっこう細いですし、握って引っ張ったら簡単に壊されます。

 

もしくは、公道では相手ドライバーと険悪な仲になる可能性も、無きにしも非ずです。

激昂した相手が、手始めに折ってきそうなパーツがコーナーPOLEでしょう。

または、サイドミラーなども、蹴飛ばすと一気に折れます。

そんなサイドミラーですが、駐車場で歩いている時に、肩をぶつけてバキっと壊しそうになることもちょくちょくあります。

 

このように、コーナーPOLEやサイドミラーは、けっこう脆いので気を付けましょう^^

気を抜いていると、まぁまぁの確率で壊してしまいます。

自分のクルマならまだしも、他人のクルマに対して結構やってしまいかねないので、駐車場などは気が抜けません。

 

一方、運転中も、コーナーPOLEをどこかに引っ掛けて破壊してしまうケースもありますよね。

 

ぶつけないためのアイテムである「コーナーPOLE」を装備していて事故をすると、かなり落ち込みますよね。。。



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

ところで、POLE POSITIONの意味とは??

さて、最初にも書きましたが、

 

レースの世界でのPOLE POSITION(ポール・ポジション)

 

はとても重要ですよね^^

基本的に、予選レースでの成績が一番良ければ、

 

スタート最前列から出走

 

できます。

 

そのため、大きなアドバンテージがありますよね。

前方のライバルを気にせずに、思いっきり一気に加速してもOKなワケですし。

後ろのポジションでは、前の車両が邪魔で思い切った加速はできないものです。

 

ちなみに、POLE POSITIONをゲットした人のことを、

 

ポール・シッター(Pole Sitter)

 

と呼びます。

 

ここで、F1のPOLEシッターを獲得した歴代レーサーのリストを挙げてみますと、

  1. ミハエル・シューマッハ・・・68回
  2. アイルトン・セナ・・・65回
  3. ルイス・ハミルトン・・・49回
  4. セバスチャン・ベッテル・・・46回
  5. ジム・クラーク・・・33回
  6. アラン・プロスト・・・33回
  7. ナイジェル・マンセル・・・32回
  8. ファン・マヌエル・ファンジオ・・・29回
  9. ミカ・ハッキネン・・・26回
  10. ニキ・ラウダ・・・24回
  11. ネルソン・ピケ・・・24回

といった具合です。

 

やはり、

 

シューマッハ、凄しっ!!

 

ですね^^

そして、ホンダと言えば、

 

アイルトン・セナが2位にランクインっ!!

 

していますよ♪

 

シューマッハとセナは、60回以上ものPOLEシッターを務めています。

アイルトン・セナはNSXの開発にも携わってくれていた、ホンダの盟友ですよね^^

 

で、POLE POSITIONからの出走は、

 

とても気持ち良さそう♪

 

です。



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

ホンダのPOLE POSITIONなる社内報

ところで、上のほうでも紹介しましたが、

 

POLE POSITION=ホンダの社内報

 

なんですよね。

Google先生で検索すると、バッチリとヒットしますよ。

当然ながら、部外者はゲットできない、

 

レアな非売品

 

です^^

レースの世界でいうところの、スタート最前列がPOLE POSITIONということもあって、

 

最新の情報をお届けするという意味

 

なのかもしれませんね。

やはり、ホンダでは、F1などのレースに影響されたネーミングがされています。



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

純正フィット用コーナーPOLEはホンダアクセスから

最後に、ホンダアクセスから販売されているフィット用のコーナーPOLEを紹介します。

新型フィット3のコーナーPOLEですと、

  • 先端に青色LED
  • 伸縮動作はイグニッションと連動
  • 上へ伸びる時にLEDがキラキラ点灯

してくれます♪

 

基本的に、障害物と愛車フィットとの距離感をつかむサポートの役割ですが、

 

ドレスアップとしても◎

 

かもしれませんね。

やはり、ピカピカ点灯するLEDの数が多いほど、カッコ良く?みえます^^

 

で、どのパッケージのフィットにも装備可能です。

 

価格としては、

 

19,980円

 

となっております。

けっこう価格が張りますよね。

でも、コーナーPOLEが装備されている=ヘタクソ、なんて思う人はいませんから、保険として装備しちゃっても良いかもしれませんね。

ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り
ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り



スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ