リフトアップはホンダ車にフィットする?リフトアップシートも!

車高を上げるリフトアップは、フィットに似合うか?

基本的に、ホンダ車の車高は低めで、フィットしないかもしれません。

スポンサードリンク

一方、ホンダのオデッセイ福祉車両などには、便利なリフトアップシートが用意されています。

多様化するニーズに応えるホンダですよね。

今回は、車高UPのリフトアップや、福祉のリフトアップシートについてです。

リフトアップは見た目だけ??

クルマのリフトアップで、車高を高くする改造がありますよね。

SUV車などでリフトアップすると、より一層かっこ良くなります。

トヨタのランドクルーザーや日産のエクストレイルのような素敵なSUV車に、リフトアップ改造がフィットしやすいですよね。

威圧感や存在感が溢れ出るように感じられて、カッコイイですよね。

一方、ホンダ車ではCR-VやヴェゼルがSUV車としてありますが、私個人的にはこれらのリフトアップはあまり好みではないです。

やはり、ホンダ車は車高が低いイメージがあり、個人的に馴染めないという気持ちです。

 

とはいっても、リフトアップしたクルマの見た目や、乗った時の見晴らしがヤミツキになっている人も少なくないです。

私も、リフトアップしたクルマから眺める景色には大賛成です^^

 

ただし、リフトアップすると、クルマの重心が本来の設計よりも高い位置に来てしまいます。

ホンダをはじめ、自動車メーカーはそのクルマの重心をしっかり計算して設計しています。

そのため、走行の安定性などを考慮すると、デフォルトの車高がベストポジションのはずなんですよね。

 

過度なリフトアップは、カーブでのコーナリングや起伏のある道では安定性を欠きやすくなります。

横転なんかしたら、最悪ですよね。

また、前方から受ける風の面積が広くなる分、燃費にも影響してきます。

 

リフトアップには外観のカッコ良さというメリットと引き換えに、安全性などを犠牲にしやすいので、程よく車高を上げたいところ。

専門のリフトアップキットのショップなどで、改造するのが確実かもしれませんね。

 

けど、フィットにはどうもリフトアップは似合わないと思いますよ^^



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

スポンサードリンク

オレンジディーラー-ホンダの福祉車両販売

ところで、普通、リフトアップと聞くと上で書いたような車高の改造をイメージしますよね。

その一方で、福祉車両用にあるリフトアップシートというのがあります。

 

こちらがその紹介動画です^^

 

>>>紹介動画<<<

 

これはとても便利ですよね♪

 

ホンダのこういった福祉車両を専門で扱っているのが、オレンジディーラーという販売店となります。

(通常のホンダカーズでも福祉車両の購入自体は可能なようです。)

やはり、福祉車両というのは、使い勝手が良くないと意味がないですよね。

また、使い勝手が良くても、ユーザーの個性にフィットしなければアウトです。

 

ホンダのオレンジディーラーでは、福祉車両の試乗や、上で紹介した福祉用装備の使用感の確認ができます。

さらに、お店全体がバリアフリーとなっていて、車椅子などのユーザーにも足を運びやすい店舗デザインとなっています。

また、スタッフも専門知識を備えた人材を採用しているようですね^^

 

ちなみに、ホンダの福祉車両としてのラインナップは、

「軽自動車」

  • N-BOX+(車椅子仕様車)
  • N-WGN(助手席回転シート車)

「コンパクトカー」

  • フィット(助手席回転シート車、運転補助装置)
  • フィットシャトル(助手席回転シート車)

「セダン」

  • グレイス(助手席回転シート車)

「ミニバン」

  • ステップワゴン(車椅子仕様車、サイド/助手席リフトアップシート車)
  • オデッセイ(サイド/助手席リフトアップシート車)
  • フリード(車椅子仕様車、サイド/助手席リフトアップシート車、運転補助装置)

となっております。

 

フリードのラインアップが一番豊富なんですね^^



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

フィットの福祉車両

たしかに、ホンダのフィットや軽自動車は車内空間が広々していますが、コンパクトカーであるため「福祉車両には向いていないのでは」と感じてしまいがちです。

でも、コンパクトカーであっても福祉車両として活躍できるんですよね。

さすが、車名がフィットだけはありますね^^

フィット-助手席回転シート

そして、フィットの福祉用の装備として、助手席の回転シートです。

正面方向から67°の角度まで回転でき、乗り降りや座った時の足元のゆとりもバッチリですよ^^

ただし、特殊な回転シートであるため、前後のスライドによる位置調整はできないようですね。

 

また、フィットの福祉車両には、

  • ハイブリッドタイプ(FFも4WDも用意)
  • ガソリンタイプ排気量1.3L(FFも4WDも用意)

の2タイプがあります。

それぞれ、4WDを選ぶことができるので、降雪地域などでも安心できますよね。

 

ただ、乗り心地や荷室がフィットよりも優れるシャトルの方が、福祉用にピッタリかもしれません^^



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

オデッセイのサイドリフトアップシート

続いて、ハイブリッドタイプが新たに投入されたオデッセイについてです。

オデッセイの福祉車両には、上で紹介した動画のようなリフトアップシートを装備することができます。

それも、助手席と2列目席のどちらかを選択できます。

 

シートが回転して、車外まで降りてきてくれるのでとても便利ですよね^^

しかも、リフトアップシートの高さを、車椅子と同じ高さに調整することもできます。

そのため、車外で車椅子からリフトアップシートに移動して、車内へシートごとラクに乗り込むことができると。

 

そして、オデッセイのラゲッジの床は高さが低めに設計されており、車椅子を搭載しやすくなっています。

福祉車両として、とても使いやすいようにデザインされていますよね^^

 

ただし、オデッセイハイブリッドでは、この特殊装備が用意されていないようです。

近い将来には、ハイブリッドタイプにもリフトアップシートを装備できるようになるんでしょうかね^^

現段階では、ハイブリッドも選べて装備も豊富なフリードが先を走っている感じですよね。



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

ホンダ車のリフトアップや福祉車両

今回は、リフトアップについて書いてきました。

リフトアップには、

  • 車高を上げる
  • 福祉車両用のリフトアップシート

という2つの意味が使われています。

 

基本的には、「リフトアップ=車高を上げる」ですが、フィットには似合わないですよね。

さすがに、SUV車でないと、リフトアップ改造はフィットしないと思います。

SUV車では、車両の重心などの安全性を考慮して、リフトアップでカッコ良くしていきたいですよね。

ただ、残念ながら、ホンダ車にはリフトアップはあまり似合わないかもしれませんね。

 

そして、一方で、ホンダ車のリフトアップシートは、福祉面で活躍している特殊シートですよね。

コンパクトカーであるフィットでは、さすがにリフトアップ機能付きのシートは無理ですが、足などが不自由な人でも乗り降りがラクな回転式のシートを装備できます。

一番便利なリフトアップシートは、ミニバンクラスから装備可能です。

オデッセイ、フリード、ステップワゴンの3車種でリフトアップシートの装備ができます。

バリアフリーも完備しているホンダのオレンジディーラーにて、こういった福祉車両をチェックできるので、試したい方は是非とも足を運んでみてください。

ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り
ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り



スポンサードリンク

関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ