ボルトオンターボで我慢?フィットターボをホンダはいつ出す?

当分しのぐためには、ボルトオンターボ?

まだかまだかと待ち切れないホンダのフィットターボ。

ダウンサイジングターボ化したフィットをホンダはいつ出すのか?

スポンサードリンク

マイナーチェンジ?フルモデルチェンジ?

ダウンサイジングターボやライトサイジングなどといろいろあります。

今回は、ホンダフィットのボルトオンターボなどについてです。

ボルトオンターボとは??期待されるフィットターボ

フィットのマイナーチェンジが近くなるにつれて期待が高まるフィットターボの投入。

毎回、ホンダからのマイナーチェンジ発表があるたびに、

 

ワクワクします♪

 

よね^^

フィットのファンの人にとっては、凄く気になるところです。

 

ホンダのフィット=リコール

 

というイメージが付いてしまったフィット3ではありますが、次のフィット4では完璧な仕上がりを見せてほしいところ。

そして、現行新型フィット3のマイナーチェンジでフィットターボをできれば出して欲しいところです。

が、フィット4の登場時には、フィットターボも一緒に投入されることが濃厚でしょうね^^

ヨーロッパではダウンサイジングターボが人気ですし、Jazz(フィットの海外車名)による海外への展開にも使えそうですしね。

 

で、フィットターボがホンダから出されるまでは、ボルトオンターボをフィットに装備させるという手もあります。

ターボと言っても、

  • ダウンサイジングターボ
  • ボルトオンターボ

という様に、なんかたくさん種類があります(笑)

 

ダウンサイジングと似た言葉で、ライトサイジングもありますしね^^

こちらの記事でダウンサイジングターボについて取り上げています。

フィットにターボ追加か?待望のマイナーチェンジ!

 

なので、今回はボルトオンターボについて書いていこうと思います♪

ということで、まずはボルトオンターボの例についてですが、漫画で言うところの、

 

頭文字Dの武内樹(たけうち いつき)

 

が採用していました。

主人公の藤原拓海の親友・イツキくんですが、本来は、

 

ハチロク(86)が欲しかった

 

のですが、間違えて、

 

ハチゴー(85)

 

を買ってしまったわけです。

クルマはおびただしい数の種類があることですし、購入前にはしっかり確認しないとですね^^

そして、「これじゃあ、遅い。。。」ということで、イツキくんは愛車のハチゴーに、

 

ボルトオンターボを装備

 

することになったのです。

ボルトオンターボは次の小見出しに続きます^^



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

スポンサードリンク

ダウンサイジングやライトサイジング、ボルトオンターボ

このように、頭文字Dのイツキくんのようにボルトオンターボは、

 

後付けのターボ

 

です。

基本的に、ターボ車は設計段階からメーカーがターボ仕様にしてくれているワケですが、多くのクルマがNA(自然吸気)ですよね。

NA(Natural Aspiration)は、過給機(ターボチャージャーやスーパーチャージャー)を装備していないエンジンの吸気方法で、大気圧を利用しています。

イツキくんのハチゴーはNAなので、そこにボルトオンターボによってターボ化しているワケです。

※藤原拓海のハチロクもNAです。

 

後からでもターボ化できる、ボルトオンターボということで、

 

フィットにボルトオンターボ

 

を装備する人がちょくちょくいます。

標準装備のフィットは、フィットRSでさえもNAですから、ボルトオンターボでターボを楽しもうという感じです。

 

一方、次のフィットのマイナーチェンジやフルモデルチェンジで期待されているのが、

 

ダウンサイジングターボのフィット

 

です。

さらに、ダウンサイジングという言葉と紛らわしく存在しているのが、

 

ライトサイジング

 

です。

このライトは、

 

Lightではなく、Right

 

です。

軽いという意味のライトではなく、正しいという意味でのライトです。

つまり、正しい排気量のサイズにするという意味で、ライトサイジングが使われています。

 

ボルトオンターボ、ダウンサイジングターボ、ライトサイジングといろいろありますよね。

ハイブリッド車の種類でも、

  • ストロング・ハイブリッド
  • マイルド・ハイブリッド

というようにこちらも色々と種類が分岐します^^



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

ホンダのステップワゴンとジェイドのターボ

今のホンダ車でターボを搭載しているクルマで思い浮かぶのが、

 

ステップワゴンとジェイドRS

 

ですよね。

 

ステップワゴンでは、グレードが、

  • Spada・Cool Spirit
  • Spada
  • G・EX
  • G
  • B

とたくさんありますが、いずれもVTEC TURBO仕様となっています。

 

ターボでエンジンのパワーを向上させているため、エンジンの回転数をより低く抑えることに成功しています。

ただし、ハイブリッド車ほどの低燃費ではなく、17.0km/Lが最高燃費のようです。

ちなみに、ステップワゴンの特別仕様車では、ホンダセンシングを装備できるようですね^^

 

一方、ジェイドでは、

  • HYBRID
  • HYBRID X
  • RS

というグレードが用意されていますが、RS仕様ではステップワゴンと同じく、VTEC TURBOが装備されています。

ジェイドRSの燃費は、18.0km/Lをマークしています♪



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

N-BOXなどもホンダ車のターボ

続いて、最近のホンダ車のターボと言えば、

  • N-BOX
  • N-ONE
  • N-WGN

ですよね。

これらの大人気のホンダの軽自動車では、ターボ仕様(660cc+ターボ)がしっかり用意されています^^

 

具体的には、

 

「N-BOXとN-BOXカスタム」

  • G・ターボLパッケージ
  • G・ターボLパッケージ(2トーン・カラー)

 

「N-ONE」

  • Tourer
  • Premium Tourer
  • Premium Tourer・LOWDOWN

 

「N-WGN、N-WGNカスタム」

  • G・ターボパッケージ
  • 特別仕様車 ターボSSクールパッケージ(カスタムのみ)

 

といったラインナップで、ターボ仕様が用意されています。

 

やはり、軽自動車がバンバン売れているホンダですから、ターボ仕様などでラインナップがとても強化されています。

ホンダのMM思想により、車内空間もとても開放感に溢れていますし、ホンダの軽はすごく強いです。

 

これだけターボ仕様が出ていると、フィットターボが待ち遠しくなるのは、とても頷けます^^

待ち切れなくて、ボルトオンターボに走る人がいるのが無理もないところです。



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

1.0Lターボのフィットが予想されるホンダ

さて、ボルトオンターボの改造キットと言えば、

  • HKS
  • GReddy

が有名ですよね。

ただし、どの車種に適合しているかなどは、当然ですが制限があります。

 

ホンダのフィットもボルトオンターボでターボ化するのも良いですが、ホンダによるマイナーチェンジでメーカー仕様のターボ化が待ち遠しいです。

特に、フィットRSなんかは、ターボ仕様のグレードができるだけ早めに出てきて欲しいところ^^

 

で、恐らく予想される仕様が、ダウンサイジングターボによる1.0Lのフィットターボですよね。

今現在のフィットの排気量は、

  • 1.3L
  • 1.5L

の2種類で、どちらも4気筒です。

フィットターボでは、1.0Lの3気筒エンジンが採用されることでしょう。

 

今後のフィットのマイナーチェンジとフルモデルチェンジから目が離せませんよね^^

ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り
ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り



スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ