フィットハイブリッドのマイナーチェンジ!Fパッケージのファインエディションとは?

フィットハイブリッドマイナーチェンジでいつも気になるのが安全装備の進化。

元々、フィットの安全性は非常に高くて目を見張るものがあるが、

2017年のマイナーチェンジではホンダセンシングが遂に追加か?

一方で、フィットのFパッケージのファインエディションとは?

スポンサードリンク

フィットハイブリッドのマイナーチェンジで期待したいことは??

フィットハイブリッド マイナーチェンジ ファインエディション Fパッケージ

ホンダのフィットと言えば最強のコンパクトカーの1つとして数え上げられますが、

日本ではアクアやマーチ、デミオの中でも一番人気が集まっているのではないでしょうか??

まぁ、私も完全にフィット党なので、ちょっと贔屓目が入っているかもしれませんが(笑)

 

そして、ホンダの新型フィットハイブリッド3はかなりの難産だったことは記憶に新しいですよね。

※フルモデルチェンジ後の例の連続リコールの件。

 

しかしながら、ホンダのフィットファンというのは、それでもフィットを愛して止みません。

また、フィットハイブリッドはリコールが落ち着いてからは、その素晴らしさが多くの人に伝わっている感じがします。

で、そのホンダのフィットハイブリッドのマイナーチェンジがちょくちょくなされていますが、

最新のマイナーチェンジで凄く期待されているのがホンダセンシングの搭載ではないでしょうか??

 

さすがに、販売済みのフィットハイブリッドにオプションとしてホンダセンシングを載せるのは無理だとは思いますが、

次のマイナーチェンジあたりからはホンダセンシングを載せて欲しいとの声を頻繁に聞きます。

ただし、ホンダにとって耳が痛い状況でもある、アクアやプリウスに燃費性能が負けてしまっていること。

 

そもそも、フィットハイブリッドは燃費世界一を目指すために開発されたようなもので、

燃費No.1の目標はずっと未達のままになっていますよね。

となると、フィットハイブリッドの安全性能への開発費投入は難しくなってきているかもしれません。

マイナーチェンジでは、それなりの改良とニューエディションを加える感じでやり過ごすケースが多いかもです。

 

その分、次の新型フィット4ハイブリッドでは、アコードハイブリッドやオデッセイハイブリッドと

同じi-MMDのシステムを載せる研究を進行しているかもしれません。

やはり、現在の新型フィット3のハイブリッドシステムはi-DCDで1モーター式の駆動方式。

一方で、アコードハイブリッドやオデッセイハイブリッドと同じシステムともなれば、

2モーター方式の仕組みとなるため、一筋縄では移植はできないと予想しています。

 

とは言え、安全性能へのユーザーの興味が大きくなってきていますから、

それを考慮すると、燃費性能よりも安全性能に力を注ぎはじめているホンダかも??

スポンサードリンク

フィットのFパッケージのファインエディションとは??

一方で、フィットハイブリッドとガソリンタイプのフィットには、

 

コンフォートエディション

 

なる素敵な特別仕様があったかと思います。

UV/IRカットが異常なまでに高い魔法の窓ガラス的な感じになっているというフィットです。

 

男性であっても、皮膚がんなどの心配や不安を考えると、紫外線や赤外線から守られたいもの。

ドライブ中というのは、どうしても日光が車内に差し込んできますからね。

そういったニーズを上手くカバーしたホンダのコンフォートエディションはさすがの一言です。

 

さらに、コンフォートエディションとは別に、フィットにはFパッケージのファインエディションなるものも!!

 

このファインエディションは室内空間での居心地の良さを考慮された感じのフィット。

残念ながら、ガソリン式のフィットにしか用意されていませんが、

ホンダのMM思想がしっかりと注入されたフィットに居心地良さが追加されると・・・

“誰にでもフィットする” 車として仕上がっているのではないでしょうか??

 

で、なぜフィットハイブリッドのFパッケージにはファインエディションが無いのかと言うと、

フィットハイブリッドってデフォルトだけでもかなり居心地が良いんですよね。

ハイブリッド車は普通に騒音が小さめですし、雑音がなく静粛性がウリ。

車の快適度は、ハイブリッドシステムの技術によってかなり進化したと言っても過言はないでしょう。

かくいう私は6速MTのフィットRSに乗っちゃっていますが^^

※フィットハイブリッドのリコールでのガクガク感をまだ感じる人はいるみたいですが・・・

 

以上のような感じで、ホンダはフィットのマイナーチェンジをコツコツやっている感じだろうと思います。

で、マイナーチェンジではさすがに、ホンダセンシングを搭載する余裕はないであろうホンダのフィット。

おそらくは、フィット4で何とかホンダセンシングを載せれるように開発を進めているだろうとは思います。

とは言え、あのヴェゼルが早くもホンダセンシングを搭載したタイプを打ち出して来ましたからね。

ぶっちゃけ、ホンダはいつでもフィットハイブリッドやガソリンフィットにホンダセンシングを搭載できるのでは??

しかしながら、価格が大きく高騰してしまうと、さすがにフィットユーザーが買うのは難しい??

 

いずれにせよ、フィットハイブリッドのフルモデルチェンジでは、

  • i-MMDへのシステム変更
  • ホンダセンシングの搭載

をほぼ確実にホンダが仕掛けてくると思いますよ。

マイナーチェンジやニューエディションが楽しみなフィットハイブリッド!!

さて、クルマ好きにとって毎度の如く、興味をくすぐられるフルモデルチェンジとマイナーチェンジ。

確かに、フィットハイブリッドのマイナーチェンジも私は嬉しいに越したことはないのですが、

そろそろ大きな変化を遂げて欲しいかなぁ、と思う今日このごろ。

 

ファインエディションやコンフォートエディションのフィットに文句を言うつもりはありませんが、

ヴェゼルみたいに更にハッチャケルようなマイナーチェンジをして欲しいところ。

そんなマイナーチェンジだと、もはやフルモデルチェンジかもしれませんが。

まぁ、ホンダのヴェゼルのマイナーチェンジがあれだけノリに乗っているのは、

激アツな小型SUV市場でヴェゼルが好調な売れ行きだからでしょうね。

 

また、日産にしろ、トヨタにしろ、マツダにしろ、SUVへの注力ぶりはハンパないです。

もしかすると、今年2016年も2017年も最新の流行はSUVが続いていく可能性が高いです。

ホンダにとってフィットが看板車種ではありますが、今はヴェゼルの方が重要モデルかも。

 

ただ、ホンダがフィットの逆襲で大きく動く気がしてなりません。

i-DCDのリコールで苦労したリベンジ、トヨタのプリウスに燃費を抜き返す、などなど、

ホンダのフィットハイブリッドのフルモデルチェンジには大きな期待を持っても良いでしょう。

マイナーチェンジでは、その名の通りサプライズ感のある改良はないですが、

フルモデルチェンジ時のフィットはホンダセンシングの搭載をはじめ、

i-MMDのハイブリッド車や1.oLターボエンジンのガソリン車が登場する匂いがプンプンします。

 

S660を皮切りに、シビックタイプRや新型NSXが話題になっていったホンダ。

これは確実にスポーティーなブランドの復権を狙っている感がありまくりです。

Fパッケージのファインエディションなど、マイナーチェンジのフィットは大人しくしている感じではありますが、

フルモデルチェンジではスポーツ性を意識したフィットが誕生するかも。

 

ここまで、フィットハイブリッドやガソリンフィットのマイナーチェンジについて書いてきましたが、

クルマ愛好家にとって『次のマイナーチェンジはどんな感じ?フルモデルチェンジではどうなる?』と、

ワクワク期待している時間が一番楽しいのかもしれません^^

ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り
ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り



スポンサードリンク

関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ