フィット平成21年式(2009年式)の買取価格の相場と下取りについて

フィットの平成21年式(2009年式)の買取では下取りが厳禁!?

 

現在の平成28年(2016年)だと約7年落ちくらいのフィットにあたる21年式。

 

この21年式(2009年式)のフィットは2代目モデルで、

初代フィットと同様に息が長いモデルです(中古車市場)。

新型フィット3の登場で、フィット2の下取り価格の相場が低下?

フィット 平成 21 年式 2009 買取 価格 買取価格 相場 下取り

買取価格の相場表-7年落ちくらいの平成21年式フィットの現状

では早速、フィット2の買取価格の相場というか、実例のモデルケースは以下のような感じ。

基本的に、どんな車も経年によって日々価値が下がり続け、

今所有されているフィットの買取や下取りの価格は来月・再来月と目減りしていきます。

 

なので、“いつ手放すか??”“いかに高く買い取り or 下取りをしてもらうか??” が、

カーライフのポイントとなります。

 

相場表:おおよその買い取り価格の例

グレード(平成21年式-2009年式) 査定年月 走行距離 買取価格(おおよそ)
1.3AのHIDエディション 2011年11月 5千km 91万円
13G 2011年11月 1万5千~2万km 20万円
Lスマートスタイルエディション 2011年9月 3万~3万5千km 55万円
G 2011年7月 5千~1万km 95万円
L 2011年6月 1万5千~2万km 80万円
L 2011年2月 1万5千~2万km 90万円
G 2011年4月 2万~2万5千km 50万円
ハイウェイエディション 2011年3月 5千km 90万円
G 2010年10月 5千km 90万円
G 2010年12月 1万~1万5千km 75万円
Gスマートスタイルエディション 2010年11月 5千km 21万円
13GのFパッケージ(CVT) 2015年10月 3万~3万5千km 40万円
13G(CVT) 2015年6月 10万km 20万円
13L(CVT) 2015年6月 2万~2万5千km 30万円
15RS(ATの4WD) 2016年1月 5万5千~6万km 65万円
13GのFパッケージ 2010年7月 1万~1万5千km 100万円
15RS(CVT) 2013年6月 4万5千~5万km 90万円
13Gの4WD 2013年4月 10万km 55万円
13G(CVT) 2013年5月 11万km 25万円
13GのFパッケージ(MT) 2013年6月 1万5千~2万km 60万円
13GのFパッケージ(CVT) 2013年11月 2万~2万5千km 65万円
13L(CVT) 2013年12月 2万~2万5千km 50万円
13Gスマートセレクション(CVT) 2014年4月 6万~6万5千km 40万円
15RS(CVT) 2014年3月 15万km 12万円
13Gスマートセレクション(CVT) 2014年7月 2万~2万5千km 60万円
13Gスマートセレクション(CVT) 2014年7月 3万~3万5千km 70万円
15RS(CVT) 2014年12月 5万5千~6万km 50万円
13GのFパッケージ(CVT) 2012年2月 5千~1万km 80万円
G 2012年2月 2万~2万5千km 50万円
RS 2011年12月 5万5千~6万km 80万円
G 2012年3月 3万~3万5千km 40万円
G 2012年3月 1万~1万5千km 90万円
13G(CVT) 2012年3月 5千km 70万円
13G(CVT) 2012年3月 1万~1万5千km 70万円
15RS(CVT) 2012年7月 10万km 70万円
15RSのハイウェイエディション 2012年9月 2万~2万5千km 20万円
13Gのスマートセレクション(CVT) 2012年9月 5千~1万km 65万円
Lのハイウェイエディション 2012年6月 2万~2万5千km 30万円
Lのハイウェイエディション 2012年6月 2万~2万5千km 25万円
13A HIDエディション 2012年7月 6万~6万5千km 40万円

 

上記の相場表を見てお分かりの通り、7年落ちとされる平成21年式のフィットは、

コンディションが良ければ買取で100万円近い価値が付けられることもあるでしょう。

 

特に、フィット2のRS仕様は新型フィット3RSと同じくかなり根強い人気を誇っています。

また、平成21年式とは言え、『低燃費+広い居住空間+便利で大きな荷室』を兼ね備えたフィット2ですから、

今でも十分に多くの人達の心を掴んで止まない名車です。

 

ただし、毎日のように価格が下降していくことに変わりはなく、

2016年現在で100万円近くの買取価格は難しいかもしれません。

加えて、平成21年(2009年)から考えると、もうすぐ10万kmという走行距離に達する人もいるでしょう。

中古車の買取や下取りで価格が大きく変わると言われる、走行距離10万kmのライン。

査定では走行距離がかなり物を言いますので、たくさん走っている人はご注意を!!

 

一方で、ディーラーでの下取り価格でも、100万円の価値を付けてもらえることは滅多にないでしょう。

可能な限り平成21年式のフィットを高く買い取ってもらうための作戦は、以下のページより御覧ください。

 

ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り
ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り



21年式フィットの下取りでディーラー1本に絞ることの危険性

フィット 平成 21 年式 2009 買取 価格 買取価格 相場 下取り

上のリンク先のページで述べているように、愛車を売る際に賢い作戦は中古車業者に買い取ってもらうこと。

 

もし仮にディーラーでの下取りを検討している場合、愛車の査定をしてくれるのはその販売店のみ。

または、近所のディーラーを幾つか回って下取り価格が高いものを選ぶのもアリかもしれませんが、

時間と労力を掛けた割に高く下取りしてもらえるとは限りません。

 

むしろ、個人の力で近所の下取り査定へ回れるのは、本気で頑張っても10店舗くらいなのでは??

 

となると、本当は日本全国にもっと高く買い取ってくれる中古車業者の存在を無視している状態だと言えます。

確かに、ひと昔前の状況であれば、インターネットもなく大量の中古車業者から買取価格を出してもらえなかったでしょう。

しかし、現在の2016年はインターネットを駆使して、中古車業者の幅広いネットワークから、

 

できるだけ高い愛車の買い取り

 

が実現可能な状況となってきています。

 

もしかすると、2009年式フィットを現在の2016年に下取りに出した場合、上の相場表を大きく下回ったり、

大事に乗ってきた割に期待以下の査定になったりすると、

 

凄く落胆しませんか??

 

これは至極当然のことで、素人が個の力で下取り査定に回りまくってもせいぜい10社くらいからしか査定してもらえないから。

むしろ、10社も下取り査定に回れる人なんていないでしょう。

これまで大切にしてきた愛車に無慈悲な下取り価格を付けられるのは堪ったものではないですよね。

 

巷の中古車業者だと、『これくらいでいいべ♪』みたいな感じで素人だと騙される可能性も無きにしも非ず。

せっかくなら、“超大量の中古車業者の中から一番高く買い取ってくれる人” と巡り会いたいところ。

 

新型フィット3が登場してから満足できる買取価格の実現が難しくなってきているフィット2。

フルモデルチェンジで新しいモデルが登場すると、この状況は避けられませんしどんどん価値は下がっていきます。

満足価格で買い取ってもらうためには、以下のページでの買取査定の方法がおすすめです♪

ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り
ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り




関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ