検証!フィットの燃費は高速で不利なのか!?

高速道路のフィットの燃費ってどうなの!?

カタログ値で36.4 km/L というトップクラスの燃費を誇るフィット・ハイブリッド。

スポンサードリンク

GWやお盆休みに、高速を使って愛するフィットとの遠出はサイコーですよね。

そして、楽しい長旅とは言え、ガソリン代が気になる昨今。

今回は、高速にフォーカスして、フィットの燃費を見ていきます。

ETC

高速は空気抵抗がキモ

お盆休みが終わったところですが、来月はシルバーウィークを控えてますね。

サラリーマンの方々は、とても楽しみなのではないでしょうか^^

さて、長期連休となりますと、我々フィット乗りは家族で遠出♪ですよね?

フィットの低燃費と荷室を考えると、フィットは長旅の最高の相棒ですよ。

さて、高速状態のクルマの燃費って空気抵抗がキモって知ってました?

なんと、クルマの空気抵抗って速度の2乗に比例するんですよ!!

つまり、「速度が2倍になると、空気抵抗は4倍になる」、ということです。

例えば、車速が 50 km/L と 100 km/L では、100 km/L の時の方が空気抵抗が4倍も大きくなっちゃうんです。

空気抵抗、恐るべし!!ですよね。

 

で、トラックって図体がかなりでかいですよね。

つまり、空気抵抗が凄く大きいってことです。

しかも、高速道路を使って大量の荷物を遠くに運ぶので、空気抵抗は大問題ですよね。

 

↓そこで、注目されているのが、コレです↓

トラック縦列

画期的~、ですよね^^

 

コレすごいんですよ!!後方のトラックの燃費が約15%も改善できるそうです!!

(燃費UPについては、ココでも書いてます->魔法の燃費術!蘇る旧型フィット!

 

理屈は容易に予想できるとは思いますが、後方のトラックの空気抵抗が低減されるからなんです!!

自動・隊列走行と呼ぶそうです。

〈自動・隊列走行のPOINT〉

  1. 空気抵抗を減らし低燃費を実現
    車間距離4mで走行するため、空気抵抗を減らすことができ約15%の燃費向上が図れる。
  2. 慢性的な高速道路の渋滞緩和
    複数台が加減速を同時に行なうことで、余計なスペースが生じず、渋滞緩和に結びつく。
  3. ドライバーの疲労度を軽減可能
    隊列走行時は全車自動運転になる。長距離でも、ドライバーの疲労を軽減でき安全。

引用元:NEDOが開発した大型トラックの「自動運転・隊列走行」技術の導入メリット

 

この技術を高速道路の全車両で実現できたら、サイコーじゃないですか??

クルマ好き・運転好きが急減少中微減の昨今、嬉しい人が多いのではないでしょうか。

燃費も向上するし、運転の疲れも無くなるし、パパとママは大喜び(笑)

グーグルやアップルもこういうの絶対実現させにいきますよ。



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

スポンサードリンク

フィットよりもグレイスが優秀?

さて、フィット、ヴェゼルとi-DCDシステム搭載のハイブリッド車が登場した後、すごく低燃費なセダン「グレイス」が出てきましたよね~

 

フィットとグレイスのカタログ燃費を比べると、

フィット:36.4 km/L

グレイス:34.4 Km/L

なんです。

 

グレイス、燃費凄いです。

しかも、フィットよりもグレイスの方が車両重量がけっこう重いのに。。。

これは、セダンタイプの方が空気抵抗の面で有利、ということがかなり効いていると思いますよ。

しかも、セダン形状であるため、高速走行時の安定性がグレイスの方が優秀です。

 

ところで、ホンダ自慢のスーパーカー「NSX」のリアのオーバーハングも空力のためですよね。

高速走行時の安定性を確保するためだとか。

NSXのグイッと伸びたお尻は特徴的ですよね。

 

ちなみに、「NSXの突き出たお尻は、ゴルフバッグを詰めるため」、とプレゼンされてるとか、されてないとか(笑)

スポーツカーであっても、ユーティリティも重要ですものね^^



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

空力は燃費だけじゃない!

さて、ここまで述べてきましたように、空力って燃費にとって最重要課題の1つなんですよね。

でも、それだけじゃないんです。

レースの世界でも、空力は大切なアイテムの1つなのです。

 

まず、上でも述べました通り、空気抵抗は速度の2乗に比例します。

つまり、ある一定レベルの速度を超えると、空気抵抗が十分に大きくなり、クルマの速度が頭打ちになります。

要するに、それ以上速く走れなくなるわけです。

 

でも、そこで活躍するのが、スリップストリームという現象です。

このスリップストリームってご存知でしょうか?

これは高速域で走行中の物体の後方に、空気の渦が発生して、その渦の周りの物体が吸引される現象です。

しかも、この効果に加えて、この状態では後方のクルマの空気抵抗が低くなっています。

つまり、スリップストリーム領域にいるクルマは、渦に吸引されつつ、空気抵抗がより低い状態で走れます。

要するに、この後方のクルマは、より低いパワーで通常と同じ速度で走れるのです。

そして、スリップストリーム領域を脱出すると同時に、余剰のパワーで加速して相手を追い抜くわけです。

 

ただし、かなり近い距離まで前方車両に接近しないと、スリップストリームの効果は十分に得られません。

お互いの運転技術を信頼できていないと、実現できない芸当です。

すなわち、我々凡人ドライバーは危険なので、スリップストリームはやらない方が良いということです。

いや、やっちゃダメですね(笑)



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

空力シミュレーションが燃費の鍵

ところで、クルマって空力なんかよりも、デザインがしっかりしていないと、お客様が振り向いてくれませんよね。

一般のお客様に、空力がどうのこうのと言っても、イマイチですよね。

でも、ライバル社との燃費競争が激化する中で、空力も全然無視できません。

つまり、クルマ作りでは、デザイナーと空力技術者の間で、論争やケンカが勃発しちゃいますよね。

 

で、話し合いだけならまだしも、ボディ形状の作り直しを何度もする、なんてイヤになっちゃいますよね。

そこで、コンピューターを使って、空力の効果をシミュレーションしつつ、デザインもチェックするのが、王道ですよね。

というより、常識です。

シミュレーションである程度確認してから、実物でテストをすれば、お金も時間もより小さいコストに抑えれます。

 

しかしながら、

  • シミュレーション結果が実際と異なってしまう
  • 空力のシミュレーション計算に膨大な時間が掛かってしまう

という問題があるんですよね。

最近なんか、スパコン「京」なんかを利用しちゃおう、って話もありますよ。

(ココ->超高速計算が起こす“新・産業革命” 〜スパコン「京」のひらく未来〜

 

上で紹介しました「自動・隊列走行」なんかもコンピュータの進歩の賜物ですが、空力といった開発段階でも、コンピュータ技術がクルマに詰め込まれているんです。

 

そして、コンピュータとのインターフェイスも進化してきてますよね。

例えば、

 

ホンダのインターナビ!!

 

これ慣れるのに時間かかりました(笑)

ちょっと使いにくいかも。。。

さらに、さらに、タッチパネルと言えば、テスラさんですよね!!

あの圧巻のデカいタッチパネルは、凄すぎです。。。



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

フィットの燃費はもっと伸ばせた

さて、ココ->「新型フィット誕生!独創的なハイブリッド!価格は?」にも書いてますが、アクアの車高ってフィットに比べると 80 mm ほど低いんですよね。

この差は、高速道路での実燃費対決で効いてくると思いますよ~

 

でも逆に、ホンダはフィットの車高を高くした分、居住空間を過ごしやすくしているんですよね。

高速道路とかでの長旅だと、やはり、広々したリラックスできる空間の方が良いです。

当然ですよね。

背の高い荷物も積みやすいですし^^

 

車高を低くすることで、フィットの燃費をもっと稼げたとは思いますが、そこはホンダのユーザーの視点に立って考える、というやつですね。

人間を想った設計ってわけです^^

 

以上をまとめると、

  • フィットはグレイスに比べれば、ボディ形状的に高速域は不利
  • アクアよりもフィットの方が車高が高く、これもまた不利

ではありますが、クルマ作りは燃費だけじゃないですからね。

ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り
ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り



スポンサードリンク

関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ