車中泊もできるフィットシャトルハイブリッド!

フィットやフィットシャトルと言えば、ハイブリッドでエコなイメージが強いですね。

でも、あれだけ巨大なラゲッジスペースを見る限り、「車中泊できるんじゃない?」って普通に思いますよね。

 

キャンピング・カーもありますが、フィットシャトル、いやフィットでも十分に車中泊ができるクルマなんです。

今回は、車中泊に注目します。

 

車中泊マットのおすすめランキングは

こちらの記事をチェック!!

>> 車中泊マットのおすすめランキング <<

マット

車中泊はフィットでも十分

フィットシャトルの車中泊について述べたいのですが、まずは、フィットについて述べます。

単刀直入に言うと、私の愛車がフィット3なのでわかるのですが、フィットでも十分に車中泊できるかと思います。

まず、後部座席を倒してフラットにすると、かなり開放感溢れるスペースを作り出せるんですよね、フィットであっても。

フィットRSの荷室

上の写真はフィットシャトルではなく、普通のフィットです。

タイヤを4本載せてもこんなに広いんですよ。

合計2人(小さなお子さんも含めたら3人いけそう?)であれば、フィットは車中泊なんて余裕なんです^^

 

ただし、細身の体のご家族でないと、厳しいかと思います。。。

 

そして、車中泊の魅力と言えば、

 

好きなところで宿泊

 

できてしまうところ♪

例えば、能登半島なんかがとても素敵ですよね^^

(参考動画)車中泊 in 能登半島

 

で、フィットには、センタータンク・レイアウトというホンダ独自の特許技術が使われています。

そのため、フィットはコンパクト・カーなのに、ここまで広々として空間を提供してくれるんです。

ただし、フラットにした部分はベッドや布団のように、柔らかくないですよ。

 

けっこう硬めです。。。

 

なので、専用マットなどを敷かないと、けっこう苦しいかなと思います。

そこで、車中泊専門店オンリースタイルさんのコンパクトな快適マットがオススメです^^

 

で、フィットでここまでの凄さなわけですから、フィットシャトルはもっと広々で快適です。

つまり、フィットよりも大きなラゲッジスペースを持っているフィットシャトルは、車中泊なんて余裕です。

結論は、車中泊に対してフィットシャトルは完璧だと思います。

家族と!仲間と!素敵な車中泊を!エンジョイしてください♪

 

で、今回の記事が終わってしまうと寂しいので、まだまだ下に続きますよ(笑)



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

スポンサードリンク

シャトル車中泊はもっと快適

さて、フィットでも車中泊をするには十分なラゲッジスペースを確保できます。

ですが、フィットシャトルはもっと広々としたスペースを作り出せます。

ここまで、「フィットシャトル」と書いてきました。

でも、現行の新型フィットシャトルは「フィットシャトルではなく、シャトル」なんですよね。

そして、フィットシャトルは、フィットの後方部を引き伸ばした感じです。

そのため、「フィットシャトルのままでいいじゃん」「ややこしいじゃん」って誰しもが思いますよね。

正直、私もそう思います。

だって、どう考えても、ややこしくなりましたからね。

 

ユーザーはもとより、ディーラーさんの中でも「フィットシャトル」って呼んじゃうんじゃないでしょうか。

でも、「今回の新型にするにあたって、フィットシャトルをシャトルにした理由」がちゃんとあるんですよね。

 

「なぜフィットシャトルではなく、シャトルなのか」はコチラ⇒

グレード選びでも迷うホンダの新型シャトルハイブリッド!フィットよりカラーに高級感!

シャトル・荷室寸法

ちなみに、私もフィットシャトルと呼んでしまうクセが抜けてないので、以降もフィットシャトルと呼ぼうと思います(笑)

で、当然ながら、フィットシャトルの方がフィットよりも全長が長く、車中泊にピッタリです。

 

スペースが広い分、足を伸ばしてグッスリ寝れますからね。

家族と!仲間と!素敵な車中泊を!するのは微笑ましいですよね♪



そして、メーカー希望小売価格は、フィットシャトル・ハイブリッドの場合、199万円からとなっています。

一方で、フィット・ハイブリッドでは、169万円からとなっています。

30万円もの価格差があるんですね。

 

でも、この30万円の価格差は納得の差額ですよ。

まず、フィットシャトルは、フィットと同じく乗員定員が5名なんですよね。

つまり、フィットシャトルはフィットに比べて、積載能力がグーンとパワーアップしてるんです。

 

さらに、クラッシー・リゾーターというコンセプトで開発されていて、かなり快適性も高いんです。

フィットシャトルは、静粛性も抜群で、乗り心地も優しいです。

足回りやi-DCDの制御を、乗員に優しい専用セッティングにしてるんですよね。

まさに、フィットの高級車バージョンといったところです。

 

で、やっぱり、イメージがフィットの延長線上のクルマなんですよね。

しかしながら、上でも述べました通り、現在、フィットとフィットシャトルは完全に独立のモデルです。

フィットシャトルではなくシャトルと呼んで欲しいのが、ホンダ側の本心でしょうが。。。

一度深く根付いたイメージとクセはなかなか拭えないですよね。



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

シャトルの車中泊スポット

車中泊をすることのメリットって、宿泊費を抑えられることでしょう。

そして、浮いた宿泊費のお金を、美味しい食べ物やお土産などに回せますよね。

で、各地のお高い料理やお土産にお金を使いつつ、車中泊をする旅って面白そうです。



家族でいろんなところを回りながら、長期連休を旅して過ごすのなんか楽しそうですよね。

 

そして、途中でホテル泊や民宿泊を挟めば、しっかり体力回復もできますしね。

温泉のある道の駅ランキング

ここで、オススメの車中泊スポットとして、道の駅がありますよね。

特に、温泉付きの道の駅なんか素敵です。

関東圏の温泉付きの道の駅を紹介しますと、

「茨城県」

  • 道の駅奥久慈だいご

「栃木県」

  • 道の駅きつれがわ
  • 道の駅はが
  • 道の駅湯西川
  • 道の駅うつのみや  ろまんちっく村

「群馬県」

  • 道の駅六合
  • 道の駅白沢
  • 道の駅よしおか温泉
  • 道の駅赤城の恵
  • 道の駅ふじみ
  • 道の駅中山盆地

「埼玉県」

  • 道の駅大滝温泉
  • 道の駅両神温泉薬師の湯

「山梨県」

  • 道の駅にらさき
  • 道の駅たばやま

 

群馬県と栃木県に、温泉付きの道の駅が多いんですね。

で、これらの道の駅の中でも、群馬県にある「道の駅ふじみ」が超オススメです。

この道の駅って、「行ってみたい温泉のある道の駅」のランキングで、ナンバーワンなのです。

源泉がミネラル豊富で、しかも、露天風呂付きなのです。

お猿さんと温泉

一方で、栃木県の道の駅も超オススメです。

道の駅きつれがわ、道の駅はが、が特にサイコーですよ。

道の駅きつれがわでは、世界三大美人湯の喜連川温泉の湯を楽しめます。

しかも、この道の駅には、足湯も手湯もありますよ。

 

そして、道の駅はがも凄く良いんですわ。

ロマンの湯というお肌がスベスベになる湯がありまして、女性の方々からの支持が厚いです。

さらにさらに、湯上りに堪能できるフレッシュミルクとジェラート、これがまた堪りません。

 

以上の道の駅を回りながら、フィットシャトルで旅をしていく家族旅行を是非、オススメしますよ。

フィットシャトルの乗り心地の良さがあれば、長時間の乗車でも乗員が疲れにくいと思いますしね。



愛車の買取はこちらの記事がおすすめです!!

>> フィットやヴェゼルの買取・下取り価格の査定相場!車検費用もお得に!

おすすめ車中泊グッズ

最後に、車中泊にピッタリのグッズを紹介します。

アイテム豊富!車中泊グッズはオンリースタイル!

 

というより、絶対持っていくべきグッズ達ですが。。。

  • ランタン
  • ライト
  • マット
  • シュラフ(寝袋)
  • カーテン

これらをお忘れなきよう、よろしくお願いします。

ランタン

で、ランタンについてですが、これは拡散的に照らしてくれるライトです。

普通の指向性のあるライトですと、やはり、暗くなった車内ではかなり不便かと思います。

このランタンを車内で吊るしてあげれば、便利ですよね。

 

そして、ここで気をつけるべきなのが、ランタンなど電気を必要とするグッズは、電池タイプのものがオススメということです。

なぜなら、クルマから電気を取り出すことはできますが、バッテリーが上がってしまっては元も子もないですよね。

あと、ハイブリッド車のバッテリーは容量がかなり大きいですが、それでも大丈夫というわけでは全くありませんので、電池タイプがオススメです^^

 

そして、フィットシャトルでは、シートを倒すことでかなり広大で、フラットなスペースを作り出せます。

しかし、やはり、睡眠を取るにはなかなか硬いかと思います。

なので、マットやマットレスを準備すべきです。

 

また、フィットシャトルには抜群の積載性があるとは言え、掛け布団などを積むのはナンセンスです。

そこで、シュラフ(寝袋)の中に入って睡眠を取りましょう。

あと、枕もあった方が良いでしょう。

ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り
ホンダ フィット 買取 査定 相場 下取り



スポンサードリンク

関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ